ホーム > 市民のみなさんへ > 防災・減災対策 > ブロック塀の撤去及び改善をするための補助金のお知らせ

2016年5月9日更新

ブロック塀の撤去及び改善をするための補助金のお知らせ

地震によるブロック塀の倒壊から命を守り、津波から早く逃げるための避難路を確保するためにも、危険なブロック塀の改善をしましょう。市では撤去及び改善工事にかかる費用を補助します。

ブロック塀等耐震改修促進事業費補助金(沼津市建築物等耐震化促進事業費補助金)

 地震発生時における既存建築物等の倒壊等による災害を防止するため、予算の範囲内で補助金を交付するものです。なお、補助金の交付決定前に工事を着手した場合は、補助金の交付は受けられません。必ず交付前に危機管理課と相談のうえ、補助金の交付申請を行って下さい。
 また、申請から補助金交付の決定通知連絡までは、約2週間程度の期間を要します。施工時期に余裕を持った申請をお願いいたします。

補助対象工事と補助の内容

種類 対象工事 補助額
撤去 倒壊または転倒の恐れのある危険なブロック塀等*1を撤去する工事 道路境界に面するもの 事業費(工事費に限る)
↑↓
基準額(延長×8,900円/m)

・比較して少ない額の1/2
・限度額10万円
津波避難路に面するもの 事業費(工事費に限る)   
↑↓
基準額 (延長×32,000円/m)

・比較して少ない額
・限度額なし
改善
*2
危険なブロック塀等を撤去した後、安全な塀*3 道路境界*5に面するもの 事業費(工事費、設計費)
↑↓
基準額 (延長×38,400円/m)

・比較して少ない額の1/2
・限度額25万円
危険なブロック塀等を撤去した後、安全な塀又は生垣*4に改善する工事 津波避難路に面するもの  事業費(工事費、設計費)
↑↓
基準額
安全な塀への改善
(延長×38,400円/m)
生垣への改善
(延長×24,000円/m)

・比較して少ない額
・限度額なし 

*1 危険なブロック塀等
次のいずれかに該当する塀であって、静岡県が作成したパンフレット「ブロック塀の点検と改善」内の「ブロック塀の点検方法」による点検の結果、不適合項目が1以上あったものとする。
(1)基礎を除いた高さが60cmを超えるもの(ブロック4段以上のもの)
(2)特殊な事例として、基礎が高い、道路との敷地に高低差があるという理由により、60センチメートル以下でも危険であると認められるもの

*2 改善
危険なブロック塀等を撤去した後に安全な塀又は生垣を造るものであるため、本撤去事業を利用した範囲内のみを改善の補助対象とする。(安全な基礎と確認できるもの。)

*3 安全な塀
(1)ブロック塀
「ブロック塀の点検と改善」内の「新しいブロック塀の造り方」による。ただし、安全な構造とした場合はこの限りでない。
(2)他の塀
金属製フェンスなど(万が一倒れてきても被害が少ないような軽いもの、安全な基礎と確認できるもの。)

*4 生垣
平成28年度より、津波避難路に面するものに対し、改善補助対象として追加する。

*5 道路境界
建築基準法第42条第2項道路(幅員4m未満の道路)に面し、安全な塀を築造する場合は、同法の規定に基づきみなされた道路内には築造しないこと。ただし、建築基準法適用外となる次のものへの転換については、津波避難路に面するものに限り例外とする。
(1)建築物に付属しない、十分な開放性を持った簡易な塀 
(2)生垣

申請時に必要なもの

  • 撤去の場合
    (1) 補助金の交付申請書(塀所有者と申請者が異なる場合、承諾書が必要です)
    (2) 見積書の写し(税込)
    (3) 位置図
    (4) 施工前の写真(全体二方向以上、高さ、長さ及び厚さを計測したもの)
    (5) 施工前の配置図(写真を撮った方向を記載)

  • 改善の場合(上記(1)〜(5)に加えて)
    (6) 計画図(平面図、立面図、断面図)
    (7) その他必要図書(フェンスのカタログ等)

完了後に必要なもの

  • 撤去の場合
    (1) 補助金の実績報告書(交付申請時と同じ印鑑)
    (2) 補助金支払請求書(交付申請時と同じ印鑑)
    (3) 領収書の写し
    (4) 完了写真(施工前の写真と同一の方向から撮ったもの)

  • 改善の場合(上記(1)〜(4)に加えて)

    (1)工程写真
     ※特に、地中に隠れてしまう基礎配筋、根入、厚み及びブロック配筋が写るようにすること。
    (2)完成図面(配置図,平面図,立面図及び断面図)

その他注意事項

  • 幅員が4m未満の道路に面する場合には、道路幅員を確保するための道路後退が必要になる場合があります。
  • 危険なブロック塀等は、原則基礎も含めすべて撤去して下さい。
  • 補助金交付決定後に、建築基準法及び補助制度の基準・条件に適さない塀であることが確認された場合には補助金を返還していただきます。
  • 津波避難路とは沼津市地域防災計画で定めた津波避難路に限ります。
  • 申請は一敷地一回のみとなります。
  • 窓口での申請手続きは施工業者の方が代理でおこなっても構いません。

要綱・様式

申請から支払いまでの流れ

申請から支払いまでの流れ

 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Reader(無料)が必要です。お持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get ADOBE READER

このページに関するお問い合わせ先

危機管理課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
TEL:055-934-4803
FAX:055-934-0027
E-mail:kikikanri@city.numazu.lg.jp

ページの先頭へ戻る