ホーム > 市民のみなさんへ > 介護保険 > 地域包括支援センター

2017年4月27日更新

地域包括支援センター

地域包括支援センターについて

ご高齢の方が住み慣れた地域で生活が維持できるように、地域の総合的な相談窓口として市内11箇所に地域包括支援センターを設置しています。
地域包括支援センターではご家族の相談を受け付けたり、ご高齢の方を見守ったり、心身の状態に合わせた支援を提供するといった相談等を行っています。
要支援1、2に認定された方のケアプランの作成や、どのようなサービスを提供したらいいのかわからない人の総合窓口としての役割も担います。
また、介護保険の代行申請も行っています。
保健師、社会福祉士、ケアマネージャーなどの専門職が連携して業務に取り組みます。

地域包括支援センターの業務

介護予防ケアマネジメント

  • 要介護認定で要支援1・2となった方の介護予防サービス計画の作成、サービス調整を行います。
    支援や介護が必要となるおそれの高い人や自立した生活をしている人などは、沼津市が行う介護予防事業を利用できます。

総合相談支援

  • 高齢者やその家族等からのさまざまな相談に応じ、適切なサービス調整や関係機関および制度の利用につなげていくなどの支援を行います。

権利擁護支援

  • 成年後見制度の利用が必要と判断した場合、親族申立の支援、市町村申立に向けた報告、成年後見人となるべき者を推薦する団体等を紹介します。また、消費者被害の防止に向けた情報提供等を行います。

包括的・継続的マネジメント

  • 関係機関相互のネットワーク構築により、地域の高齢者の支援体制を整備します。
    介護支援専門員への支援や多様な社会資源の活用により、地域における連続的で一貫したケアの実施に努めます。

地域包括支援センター一覧

このページに関するお問い合わせ先

市民福祉部長寿福祉課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
TEL:055-934-4834
FAX:055-935-0335
E-mail:kaigo@city.numazu.lg.jp

ページの先頭へ戻る