ここから本文です。

介護サービス利用者負担額の軽減制度

2016年8月1日更新

介護保険制度では、所得の低い人などに対する利用者負担の軽減制度があります。
利用者負担軽減を受けるには、申請が必要ですので、それぞれの軽減制度に該当すると思われる方は、介護保険課へご相談ください。

施設入所(入院)または短期入所したときの居住費(滞在費)と食費の軽減

施設入所(入院)または短期入所したときは、介護費用とは別に、居住費(滞在費)と食費が利用者負担となります。
次の第1~3段階に該当する人は、申請すると居住費(滞在費)と食費の負担額が、下表の限度額まで軽減されます。

  • ※平成27年8月1日から配偶者(別世帯を含む)が市民税を課税されている方、預貯金等が単身で1,000万円、夫婦で2,000万円を超える方は下表に該当する場合でも対象となりません
  • ※平成28年8月1日から、課税年金収入等に加えて非課税年金収入を支給判定に勘案することになりました。
利用者
負担段階
対象者 居住費(滞在費) 食費
ユニット型個室 従来型
個室
多床室
第1段階 生活保護受給者
本人及び世帯全員が市民税非課税であって、老齢福祉年金受給者
820円 490円
(320円)
0円 300円
第2段階 本人及び世帯全員が市民税非課税であって、課税年金収入額と非課税年金収入額と合計所得金額の合計が80万円以下の方 820円 490円
(420円)
370円 390円
第3段階 本人及び世帯全員が市民税非課税であって、利用者負担第2段階以外の方 1,310円 1,310円
(820円)
370円 650円
第4段階 本人が市民税課税者
本人は市民税非課税だが、同一世帯に市民税課税者がいる
負担額の軽減は受けられません。
施設との契約により決まった額の負担となります。

高額介護(介護予防)サービス費

介護(介護予防)サービスを利用した際の1割または2割の利用者負担が多くかかったときは、高額サービス費が給付(払い戻し)されます。
サービスを利用したときに支払う1割または2割の利用者負担額が一定の上限額を超えたときは、申請により、その超えた額が高額サービス費として給付されます。
この場合の利用者負担額には、施設等における食費・居住(滞在)費・日常生活費・その他保険給付外のサービスに係る費用・福祉用具購入や住宅改修に係る1割または2割負担分は含まれません。
同一世帯に介護保険サービス利用者が複数いる場合は、世帯全員の利用者負担額を合算することができます。
該当する方には沼津市より申請書を郵送しますので、介護保険課に提出してください。

利用者負担の上限(1か月)

利用者負担段階区分 上限額(世帯合計)
現役並み所得者に相当する方がいる世帯の場合※1 44,400円
世帯内のどなたかが市民税を課税されている場合 37,200円
世帯の全員が市民税を課税されていない場合
合計所得金額と公的年金等収入額の合計が年間80万円を超える方
24,600円
世帯の全員が市民税を課税されていない場合
合計所得金額と公的年金等収入額の合計が年間80万円以下の方
老齢福祉年金を受給している方
24,600円(世帯)
15,000円(個人)※2
生活保護を受給している方 15,000円(個人)※2
  • ※1 同一世帯内に65歳以上で課税所得145万円以上の方がいる方。
    ただし、単身世帯で収入が383万円未満、65歳以上の方が2人以上の世帯で収入の合計が520万円未満の場合は、その旨をあらかじめ申請することで37,200円になります。
    (この区分は、平成27年8月新設)
  • ※2 世帯単位ではなく、個人単位での上限額になります。

社会福祉法人等による利用者負担軽減

社会福祉法人等が実施する一部の居宅・施設サービスの利用者負担額が3/4に軽減されます。(利用者負担段階第1段階の人は1/2に軽減されます。)

次のすべての要件にあてはまる人が対象となります。(生活保護受給者を除く)

  • 世帯員全員が市民税非課税であること
  • 年間収入が単身世帯で150万円(世帯員が増えるごとに50万円を加算した額)以下であること
  • 預貯金などの額が単身者で350万円(世帯員が増えるごとに100万円を加算した額)以下であること
  • 日常生活に供する資産以外に活用できる資産がないこと
  • 市民税が課税されている親族などに扶養されていないこと
  • 介護保険料を滞納していないこと
  • 平成12年3月31日以前から介護老人福祉施設に入所していて、利用者負担が5%以下に減額されていないこと(ただし、ユニット型個室に入所している人は対象となります)
軽減対象者の区分 軽減対象となる
利用者負担の種類※
軽減の割合
標準
利用者負担段階第1段階 介護保険サービス 100分の50
日常生活費用 100分の50
上記以外 介護保険サービス 100分の25
日常生活費用 100分の25
※利用者負担の種類
介護保険サービス=介護保険サービスに係る1割負担
日常生活費用=食費・居住費・滞在費・宿泊費

このページに関するお問い合わせ先

市民福祉部介護保険課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4836
ファクス:055-935-0335
メールアドレス:kaigo@city.numazu.lg.jp

Copyright ® Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る