ホーム > 市民のみなさんへ > 介護保険 > 介護保険以外のサービス

2017年4月1日更新

介護保険以外のサービス

介護保険以外にも、いろいろな高齢者在宅福祉サービスがあります。

配食サービス

1日1食(週最高7食まで)、栄養のバランスがとれた食事を市の委託した業者が家庭までお届けします。

対象者: 高齢者(65歳以上)のひとり暮らしの方や、高齢者のみで生活している世帯の方で、疾病等の理由により調理が困難なため、栄養状態の改善が必要な方。
利用料: 生計中心者の前年の所得税額により、1食あたり250円〜550円までの負担があります。

家族介護用品の支給

紙おむつ等の介護用品を支給します。市が契約した業者が家庭にお届けします。

対象者: 要介護2以上の認定を受けた方を在宅で介護している家族。
利用料: 生計中心者の前年の所得税額により、1割〜10割の負担があります。
要介護4・5の方 年75,000円を限度
要介護2・3の方 年60,000円を限度

徘徊高齢者探索用機器の貸与

GPS端末機を貸与します。対象の方に携帯させることにより、行方不明時の捜索を容易にします。

対象者: 高齢者(65歳以上)の徘徊行動にお悩みの介護者の方。
利用料: ●サービス登録料(初回登録時)
生計中心者の前年所得税年額が35,000円以下の世帯  機器等負担額に10分の1を乗じて得た額
生計中心者の前年所得税年額が35,001円以上の世帯  機器等負担額に10分の5を乗じて得た額

●サービス利用料(毎月)
生計中心者の前年所得税年額が35,000円以下の世帯  毎月の利用額に10分の1を乗じて得た額
生計中心者の前年所得税年額が35,001円以上の世帯  毎月の利用額に10分の5を乗じて得た額

※申し込みから実際の利用までは、端末機の設定のため約2〜3週間かかります。
※市の利用開始決定後、サービス提供事業者が機器の利用等について説明にお伺いします。
※登録料及び利用料の金額は、サービス提供事業者によって異なります。

日常生活用具の給付

電磁調理器、火災警報器(煙感知器)を購入する際、市が費用の一部を助成します。

対象者: ひとり暮らしの高齢者(65歳以上)で、前年の所得税額が非課税である方。
(電磁調理器については、認知症により火の取り扱いに不安のある方。)
利用料: 電磁調理器は41,000円を限度とし、購入金額の半額を助成します。
火災報知器は10,000円を限度とし、1世帯につき2台まで購入金額の9割を助成します。なお、工事費は含まれません。

緊急通報装置設置費用の助成

民間の緊急通報サービスを利用する際の初期費用を一部助成します。

対象者: ひとり暮らしの高齢者または高齢者(65歳以上)のみの世帯で、現に心臓疾患や脳血管疾患で緊急時の通報が困難な方。
利用料: 市民税課税世帯は2,000円、市民税非課税世帯は4,000円を限度とし、サービス導入の際にかかった費用の実費を助成します。なお、月額利用料は含まれません。

重度要介護者通院支援

専用の車両で病院と自宅の間を送迎します。
対象者: 要介護4以上の認定を受けた方で、ストレッチャー用車両による移送が必要な方
利用料: 生計中心者の前年の所得税額により、1割〜10割の負担があります。

成年後見制度利用支援

認知症などの理由により、判断力が不十分な方の権利を擁護する成年後見制度に関して情報提供します。

このページに関するお問い合わせ先

市民福祉部介護保険課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
TEL:055-934-4874
FAX:055-935-0335
E-mail:kaigo@city.numazu.lg.jp

ページの先頭へ戻る