ホーム > 市民のみなさんへ > 沼津市教育委員会 > 表敬訪問

2017年8月1日更新

表敬訪問

沼津市民の方や沼津市を中心に活動しているチーム・団体の皆さんが、全国大会、国際大会等に出場し優秀な成績をおさめられるなどの活躍を報告するため、市長・教育長を表敬訪問されています。

里見奏来選手(第14回全国小学生学年別柔道大会 出場報告)

 沼津市立金岡小6年生で清水町柔道会所属の里見奏来選手が、第14回静岡県小学生学年別柔道大会にて優勝し、平成29年度第14回全国小学生学年別柔道大会に出場するため市長を訪問しました。
 市長が「沼津の子どもたちがいろいろな種目で全国大会に出場していて、沼津をどんどん元気にしてくれてありがたく思います。全国大会では実力を発揮してがんばってください。」と激励の言葉を送り、里見選手は「2年連続での出場になりますが、去年は1回戦で負けてしまったので、今年は1回戦から全力でがんばりたいです。」と意気込みを語りました。


佐々木光さん(日仏柔道交流の報告)

 沼津市出身のソウルオリンピック女子柔道66キロ以下級金メダリスト 佐々木光さんが、自身が行う東日本大震災復興支援活動において、フランス フェノン市の柔道選手とともに日仏柔道交流の中で沼津を訪れ、柔道を通じた交流を深めるための活動を報告するため市長を表敬訪問しました。
 選手の皆さんは「フランスと日本の景色の違いに驚いている。」「日本人は柔道が強いだけでなく、相手を尊重し、敬意を払って接してくれる。」「日本人はつまずいてもすぐ立ち上がる。復興のスピードが速くて驚いている」と市長、教育長に感想を述べました。
 佐々木光さんは「復興支援を通じてフランス、大船渡、沼津のつながりができた。今後は沼津の子どもたちをフランスへ連れて行き、交流を深めたい」と今後について語りました。
 市長は「ようこそ沼津においでくださいました、世界一元気な沼津になれるように、様々な国の方々と交流を深めて行きたいと考えます。どうぞ日本でたくさんいい思い出を作ってください。週末には沼津夏まつり狩野川花火大会も開催されます。ぜひ楽しんでいってください。」と歓迎の言葉を述べました。


沼津西高等学校(全国高等学校総合体育大会・文化祭 出場報告)

 沼津西高等学校(沼津市本字千本)のフェンシング部、書道部、美術部、写真部の生徒13名が、平成29年度全国高等学校総合体育大会・第41回全国高等学校総合文化祭へ出場するため市長を表敬訪問しました。

フェンシング部:青木 貴雅(男子個人)、山野 航平(男子個人)、植松 晴香、根岸 茉子、久保田 怜奈、望月 美緒、三尋木 るか、山口 夏歩(女子団体)
書道部:鈴木 利菜、須田 青葉
美術部:杉山 あるく
写真部:邑上 綾音、杉山 楓
(敬称略)

 生徒一人ひとりが市長を前に、県大会、東海大会などの結果、日々の練習や、全国大会へかける熱い思いを語りました。市長は「沼津西高校の生徒さんの活躍は様々な場面で伺っています。今回の大会も頑張ってきてください。」と励まし、教育長は「全国大会では全国の選手たちとの交流により得るものもあるかと思います、楽しみながら臨んでください。」と語りました。


大岡南剣道少年団(第52回全国道場少年剣道大会 出場報告)

 大岡南剣道少年団(沼津市大岡)に属する選手が全国道場連盟剣道大会静岡県予選、小学生の部、中学生の部において優秀な成績を収め、第52回全国道場少年剣道大会に出場するため市長を訪問しました。

 選手一人ひとりが市長を前に「全国大会では、これまで練習したことを発揮して、悔いの残らない大会にしたい」「一戦一戦を大切に、全力で、最後まであきらめずにがんばりたい」と意気込みを話しました。
 市長は、「全国大会の出場報告は、私たち市民にも励みになります、ぜひ頑張ってきて下さい。」と語り、教育長は「全国各地からたくさんの選手が集まってくる貴重な機会です、最高のコンディションで大会に臨んでください」と励ましました。


高橋渚選手(第23回夏季デフリンピック 出場報告)

 沼津市在住で、公益社団法人静岡県聴覚障害者協会に所属する高橋渚選手が、平成29年7月18日からトルコ共和国・サムスン市で開催される第23回夏季デフリンピック陸上競技 女子やり投げ種目に出場するため、市長・教育長を表敬訪問しました。

 今回で3大会連続の出場となる高橋選手は、「前々回大会は5位、前回大会は4位だったので、今回はぜひメダルを獲って、息子と主人にメダルを見せたい」と意気込みを示してくださいました。市長は「3回目の今回は優勝を目指してがんばってください。いい報告を待っています。」と励ましました。


太田麻乃選手(第10回ワールドゲームズ・相撲競技 出場報告)

 沼津市役所所属の太田 麻乃選手が7月22日・23日にポーランドで開催される、第10回ワールドゲームズ相撲競技、中量級・無差別級に出場することの報告のため市長・教育長を表敬訪問しました。

 「大会に向けて集中するために何かしていることはありますか?」という市長の問いかけに、太田選手は「4月から沼津市民体育館勤務となり、はじめは戸惑いもありましたが、与えられた時間の中でうまくやりくりしながら稽古できているので、特別なことはせず、自然体を心がけてすごしています。」と答え、「ぜひ今回もメダルを目指してがんばってください、そして沼津の相撲界を盛り上げていってください。」という市長の問いかけに、「女子相撲の底辺の拡大や競技力の向上に貢献できたらと思います。また、来年8月には沼津市でインターハイ相撲競技が開催されます。沼津に来るのを楽しみにしている選手もたくさんいますので、私も沼津のいいところ、おいしいお店などを案内できるよう勉強したいですね。」と語りました。


養正館道場(第25回全国中学生空手道選手権大会 出場報告ほか)

 日本空手道鴻志会養正館道場(沼津市本田町)に属する選手21名が県大会及び全国大会で優秀な成績を収め、全国大会に出場することの報告のため市長を表敬訪問しました。
 選手はそれぞれ、8月に開催される「第17回全日本少年少女空手道選手県大会」および「第25回全国中学生空手道選手県大会」に出場します。
市長は「沼津は大変空手が盛んなまちで、いろいろな大会で好成績を収めていると聞いておりますが、これほどたくさんの方が全国大会に出場されるのは素晴らしいことですね。みなさん一人ひとりの表情から、強い気持ちが伝わってきます。全国大会でもがんばってください、期待しています。」と励ましの言葉を述べました。
 選手を代表して、大岡南小6年の江藤凪沙選手と第二中学校2年の川人つぐみ選手が本番さながらの演舞を披露して下さいました。

 

 

 


極真会館大石道場(第7回全日本極真空手道「型」選手権大会 優勝報告)

 極真会館大石道場(沼津市花園町)に属する選手が第7回全日本極真空手道「型」選手権大会に出場し、一般男子(日下部尚弥)、一般女子(遠藤梨瑚)、団体一般(日下部尚弥、日下部尚人、守川仁)の部でそれぞれ優勝し、報告するため市長を訪問しました。

 「全国大会では大きなプレッシャーなどあったのではないですか?」という教育長の問いかけに、団体一般・一般男子で優勝した日下部尚弥選手は「団体では自分が一番年上だったので、責任が大きかった。個人では優勝して初めて、すごいプレッシャーの中で試合をしていることを感じました。」と答え、一般女子で優勝した遠藤梨瑚選手は「高校生になって初めて出場するクラスの試合で緊張しましたが、これまで一生懸命練習してきた成果が出せてよかったです。」と答えました。市長は、「全国的にも沼津は空手のレベルが高いですね、沼津から世界にはばたく選手がたくさん育ってくれたらいいですね。」と語りました。


望月穂乃楓選手(船越義珍杯第14回少年世界空手道選手権大会 出場報告)

 日本空手協会沼津支部大道館に所属する望月穂乃楓選手が、平成28年6月5日開催の日本空手協会第59回東海地区空手道選手権大会「型」小学2年生女子の部で準優勝し、8月18日にアイルランドで開催される船越義珍杯第14回少年世界空手道選手権大会に出場するため、市長・教育長を表敬訪問しました。
 市長の「大会に向けての目標は何ですか?」との問いかけに、望月選手は「アイルランドでは優勝できるようがんばります。」と意気込みを示し、教育長は「大会では元気にがんばってください。いろいろな国の方々と仲良くなって、帰ってきたら学校のお友達にたくさんお話してあげてくださいね。」と励ましました。


C-STAR(ALL JAPAN CHEER DANCE CHAMPIONSHIP 2016 結果報告)

 平成28年11月19日(土)・20日(日)に東京体育館で開催された「ALL JAPAN CHEER DANCE CHAMPIONSHIP 2016/第16回全日本チアダンス選手権大会・第14回全日本学生チアダンス選手権大会」にC-STARが出場し、3部門で優勝したことを報告するため、市長・教育長を表敬訪問しました。
選手の皆さんは「つらく厳しい練習ですが、みんなで声を掛け合いがんばってきました。大会当日は緊張してパーフェクトな演技とはいえなかったですけど、全力で踊りきることができました。これも支えてくれた先生や、親のおかげです。これからも感謝の気持ちを忘れずにみんなで励ましあってがんばっていきたいと思います。」と市長、教育長に報告しました。
 大会の様子の映像を見た市長は「みなさんすごい!これだけの動きができるようになるにはさぞかし練習してるんでしょうね、びっくりしました。」と感動のことばを、教育長は「あいさつも一人ひとり明るく元気で大変よかったです。大会ではみなさんいきいきした表情で表現していましたね。」と感想を述べました。


沢田ミニバスケットボールクラブ(JX-ENEOS第48回全国ミニバスケットボール大会 結果報告) 

 3月28日(火)〜30日(木)に国立代々木競技場で開催された「JX-ENEOS第48回全国ミニバスケットボール大会」に沢田ミニバスケットボールクラブが出場し、ブロック準優勝したことを報告するため、平成29年4月6日に市長・教育長を表敬訪問しました。
 選手の皆さんは「とても大きな体育館での試合だったので、大変緊張しましたが、楽しくプレーできました、準優勝できてうれしかったです」と市長、教育長に報告し、市長は「見事な活躍ですね、上級生が抜けてしまう来年以降も頑張って優勝を目指してください」と激励し、教育長は「素晴らしい成績ですね、大変おめでとうございます。」と労いました。


表敬訪問について

市では、スポーツ関係者の表敬訪問をお受けしています。

  • 全国大会、国際大会で好成績を残した
  • 日本代表に選出された
  • 沼津市で全国大会、国際大会を開催する
  • スポーツに関する功績を遺した

このような場合は、スポーツ振興課までご連絡ください。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Reader(無料)が必要です。お持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get ADOBE READER

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会事務局スポーツ振興課

〒410-0055 沼津市高島本町1-4
TEL:055-922-7200
FAX:055-922-7203
E-mail:sports@city.numazu.lg.jp

ページの先頭へ戻る