ホーム > 市民のみなさんへ > 施設案内 > 沼津御用邸記念公園 > 東附属邸 内部のご案内

2013年4月1日更新

東附属邸 内部のご案内

沼津御用邸記念公園東附属邸は、御教室・実験室・学問所総裁室等15あまりの部屋がありましたが、この明治期の歴史的建造物を、現代でも使用できるように、厨房・トイレ・空調設備・照明・茶室・水屋等の改築・改修を施し、研修室としたものです。茶室用に炉を切るだけではなく、別室に立礼席も設け、本格的な茶事だけでなく、簡易的な茶会やイベントも開くことができます。

行事のない日には、立礼席を利用した呈茶サービス(有料)もおこなっております。松籟、遠い潮騒、流水のせせらぎなどが、古き時代や皇室の香りと渾然一体となり、独特の風情を醸し出し、いただく抹茶にも格別のものがあります。

御殿(学問所)

第一学問所

御学問所の時代には、皇孫殿下(昭和天皇)の御教室、実験室に使われていた場所で、伝統的日本文化の研修や会議場として利用することができます。

第五学問所

御学問所総裁室や御用掛食堂として使われていた部屋ですが、第五学問所には石炉や一坪の床の間を設け、本格的な茶室として利用できます。立礼席は、外国の方でもお気軽にご利用いただけます。

茶室(翠松亭・駿河待庵)

茶室全景

苑内の一角には、本格的な日本庭園とともに、公共茶室「翠松亭」がございます。御殿と一体となった大茶会や、翠松亭だけの落ち着いた茶会を開くこともできます。八畳の広間は、多人数の茶会、大切なお客さまのおもてなしには四畳半の小間をご利用ください。

翠松亭広間

駿河待庵

翠松亭小間

翠松亭には、千利休作と伝えられる、京都大山崎の国宝茶室「待庵」を忠実に写した「駿河待庵」が併設されています。苔庭の露地のなかに佇むと、風雅を愛でた時代にさかのぼる心地がいたします。

このページに関するお問い合わせ先

都市計画部緑地公園課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
TEL:055-934-4795
FAX:055-932-5871
E-mail:ryokuti@city.numazu.lg.jp

ページの先頭へ戻る