ホーム > 市民のみなさんへ > 施設案内 > 沼津市芹沢光治良記念館 > 展示のご案内

2017年11月2日更新

展示のご案内

2階市民ギャラリー 内田治男展 ―見えないものを見る―

名称 内田治男展―見えないものを見る―
期間 平成29年11月16日(木)〜30日(木)
場所 沼津市芹沢光治良記念館2階市民ギャラリー
開館時間 9:00〜16:30(入館は16:00まで)
観覧料 大人(高校生以上)100円 小人50円(市内小中学生無料)
団体20名以上は2割引
休館日 (会期中)11月20(月)、24(金)、27(月)
展示作品(一部)

展示作品(一部)
※実際の展示作品とは異なる場合がございます。

内容

  • 2階市民ギャラリーにおいて、内田治男(うちだはるお)氏による美術作品の展示が開催されます。
  • 内田氏制作の約30点の絵画作品とインスタレーション作品等が展示されます。

1階展示室 企画展「光治良と林芙美子展」(第2回)

名称 企画展「光治良と林芙美子展」(第2回)
期間 平成29年11月15日(水)〜平成30年5月31日(木)
場所 沼津市芹沢光治良記念館1階展示室
開館時間 9:00〜16:30(入館は16:00まで)
観覧料 大人(高校生以上)100円 小人50円(市内小中学生無料)
団体20名以上は2割引
休館日 月曜日(休日の場合は翌平日)、休日の翌日
※展示替えのため、下記期間は臨時休館します。
平成29年11月1日(水)〜14日(火) 終日
林芙美子 昭和22年自宅にて

林芙美子 昭和22年自宅にて
(新宿歴史博物館所蔵) 

芹沢光治良 昭和35年書斎にて

芹沢光治良 昭和35年書斎にて

内容 (展示の概要)

  • 本展示では、女優・森光子の主演で知られた舞台『放浪記』の原作を手掛けた女流作家・林芙美子(はやしふみこ)と光治良との親交に焦点をあてた展示を行います。
  • 後半となる第2回では、初出の資料を展示し、主に戦後(昭和20年以降)を中心に両者の関係について取り上げます。

特徴 (今回の見どころ)

  • 第2回展示にて一般初公開となる書簡類全11点(うち1点は他館にて公開済)を展示します。
  • 初出の資料として、一般初公開となる、芹沢光治良の日記(芙美子について書いたもの)1点を展示します。
  • 一般初公開となる芙美子から光治良に贈呈された、著者サイン入り作品書籍4点を展示します。
  • 上記の資料等を通して、芙美子と光治良両者の戦後の文学観を対比させることで、これまでと異なる新たな光治良の一面を紹介します。

過去の展示

これまでの展示内容は下記をご覧ください。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Reader(無料)が必要です。お持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get ADOBE READER

このページに関するお問い合わせ先

沼津市芹沢光治良記念館

〒410−0823 沼津市我入道蔓陀ヶ原517−1
TEL:055-932-0255
E-mail:kojiro@city.numazu.lg.jp

ページの先頭へ戻る