ホーム > 市民のみなさんへ > ごみ・リサイクル広場 > ペットボトルの処理について

2016年5月24日更新

ペットボトルの処理について

 「容器包装廃棄物の排出の抑制並びにその分別収集及び分別基準適合物の再商品化の促進等に関する基本方針」(平成18年 財務省・厚労省・農水省・環境省告示第10号)に基づき、沼津市において分別収集したペットボトルの処理についてお知らせします。

ペットボトルの処理内容について

 沼津市において分別収集したペットボトルは中継・中間処理施設(戸田分は土肥リサイクルセンター)に搬入し、選別・圧縮結束等の中間処理を行い、国の定める指定法人分(日本容器包装リサイクル協会)もしくは市の定める要件を満たしている事業者に独自処理分として引き渡し、再商品化処理しています。

処理状況の内訳

中継・中間処理施設分は指定法人分と独自処理分に分けて再商品化処理しました。
  処理量(t) 再商品化処理事業者 再商品化処理状況
平成22年度 指定法人分 201.5 (株) エコリング ペレット化
(主に繊維原料として利用)
独自処理分 172 (株) クリンテック
平成23年度 指定法人分 219.4 (株) エコリング
独自処理分 106.8 (株) クリンテック
平成24年度 指定法人分 174.3 (株) シーピーアール
(株) エコリング
独自処理分 165.8 (有) 井上商店
(株) クリンテック ほか
平成25年度 指定法人分 171.5 (株)エコリング
鈴与エコプロダクツ(株)
独自処理分 141.5 (有)井上商店
(株)クリンテック
平成26年度 指定法人分 161.8 鈴与エコプロダクツ(株)
独自処理分 122.1 (株)クリンテック
鈴与エコプロダクツ(株)
平成27年度 指定法人分 144.6 (株)アース・グリーン・マネジメント
独自処理分 122.2 鈴与エコプロダクツ(株)
(有)井上商店
(株)クリンテック
土肥リサイクルセンター分は全量指定法人分として再商品化処理しました。
  処理量(t) 再商品化処理事業者 再商品化処理状況
平成22年度 13.2 (株) エコリング ペレット化
(主に繊維原料として利用)
平成23年度 15.1 東京ペットボトルリサイクル (株)
平成24年度 11.2 (株)アースグリーンマネジメント
平成25年度 8.7 共和観光(株)
給与エコプロダクツ(株)
平成26年度 7.0 (株)アースグリーンマネジメント
UR中部(株)
平成27年度 5.9 共和観光(株)
鈴与エコプロダクツ(株)
  • ※指定法人分の処理事業者は公益財団法人 日本容器包装リサイクル協会において選定された事業者です。
  • ※独自処理分の処理事業者は、市において入札を実施し選定した事業者です。

ペットボトル(独自処理分)の処理状況の確認について

 沼津市では独自処理分のペットボトルの再商品化処理は、市の設定した一定の条件(国内での再商品化処理、一般廃棄物処理業許可等の保有など)を満たす事業者での処理に限定しています。
 また、再生品の売り渡し先と量、処理に伴い生じた不適合物・残渣・結束用鉄線などの処理先と量を報告させるとともに、市の職員により処理状況の現地確認を実施しています。

現地確認実施状況
  事業者名 処理工場所在地 現地確認日
平成22年度 (株)クリンテック 愛知県海部郡 平成22年6月11日
平成23年度 (株)クリンテック 愛知県海部郡 平成23年12月22日
平成24年度 (有)井上商店 新潟県十日町市 平成25年3月22日
平成25年度 (有)井上商店 新潟県十日町市 平成25年12月13日
平成26年度 鈴与エコプロダクツ(株) 静岡県菊川市 平成26年7月17日
平成27年度 (株)クリンテック 愛知県海部郡 平成28年2月26日

このページに関するお問い合わせ先

生活環境部クリーンセンター管理課

〒410-0813 静岡県沼津市上香貫三ノ洞2417-1
TEL:055-933-0711
FAX:055-931-7724
E-mail:kuri-kan@city.numazu.lg.jp

ページの先頭へ戻る