ここから本文です。

中間処理施設の整備について

2018年4月1日更新

沼津市の清掃プラント(ごみの焼却施設)は昭和51年から稼働していますが、耐震性が確保されていない建築物であると診断されており、東海地震をはじめとした大規模災害が発生した際に多大な被害が生じる恐れがあります。
そのため、市では現在の清掃プラントから旧衛生プラントまでの敷地を一体として活用し、焼却施設をはじめとした新たなごみ処理施設を整備するための事業を進めています。
新たな施設の整備に際しては、十分な耐震性を確保することをはじめ、最新の技術を用いて環境負荷を低減するとともに効率的なリサイクルを進め、更に焼却によって生じる熱エネルギーを有効活用するなど、循環型社会の形成及び地球温暖化防止を目指してまいります。

このページに関するお問い合わせ先

生活環境部新中間処理施設整備室

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4889
ファクス:055-934-3045
メールアドレス:shinchukan@city.numazu.lg.jp

Copyright ® Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る