ここから本文です。

沼津市不用品活用バンク実施要領

2011年4月18日更新

1 目的

家庭において不用となったもので、日常生活用品として再利用できる品物について情報を収集し、これを希望者に紹介して物資の有効な活用を図るとともに、資源の有効利用について、市民の意識啓発を図ることを目的とする。

2 受付及び受付時間

本制度は、沼津市企画部市民相談センター(以下「市民相談センター」という。)において、平日の午前8時30分から午後5時15分の間受け付けるものとする。
ただし、FAX、電子メール及び電子申請システムによる受付及び報告は、随時受け付けるものとする。

3 登録方法

譲り渡しを希望する者(以下「提供者」という。)及び譲り受けを希望する者(以下「希望者」という。)は、次に掲げるいずれかの方法により登録の申請をするものとする。

  • 登録申請書の提出
  • 電話
  • FAX
  • 電子メール
  • 電子申請システム

4 登録事項

譲り渡しを希望する者(以下「提供者」という。)及び譲り受けを希望する者(以下「希望者」という。)は、次に掲げるいずれかの方法により登録の申請をするものとする。

  • 氏名(フリガナ)
  • 住所
  • 電話番号
  • 品名
  • 価格
  • 品物の説明(型式・規格・製造者・使用状況など)
  • その他(受渡や受取方法・希望条件など)

5 利用できる者の範囲

本制度を利用できる提供者及び希望者は、原則として沼津市民とする。

6 登録品目

この事業において、取扱う品目は以下に定めるものとする。

  • 家庭電気製品類
  • ガス暖房器具その他什器類
  • 家具・寝具
  • 事務機器・学習用品
  • 趣味・娯楽用品類
  • ベビー用品
  • 自転車・バイク等車両類
  • その他

7 登録期間

受付日より3か月経過しても希望者又は提供者のいないときは、登録を自動的に抹消するものとする。

8 斡旋方法及び取引

市民相談センターは、登録者の希望条件がおおむね合致すると思われるときに斡旋するものとする。
取引に係る協議は全て当事者双方の責任において、誠意をもって行うものとする。
価格及び品物の受渡しは登録者が登録の際、定めた価格を基準として当事者の協議により決定するものとする。

9 市民相談センターへの報告

登録者は、目的物の取得や処分により、登録内容を取り消したり、変更したりする必要が生じた場合には、速やかにその旨を市民相談センターに報告するものとする。
市民相談センターの斡旋を受けた者は、その取引の成立、不成立にかかわらず、1週間以内にその結果を市民相談センターに報告するものとする。

10 紛争等の処理

成立後における故障、欠陥、破損、その他問題が生じたときは、当事者双方で協議解決するものとする。市民相談センターはいかなる問題といえども一切責任を負わない。

11 その他

この要領に定めるもののほか、必要な事項は市民相談センター所長が、その都度定めるものとする。

附則
この要領は、昭和53年9月1日より施行する。

附則
この要領は、平成16年11月1日より施行する。

附則
この要領は、平成19年1月15日より施行する。

附則
この要領は、平成23年4月1日より施行する。

このページに関するお問い合わせ先

企画部市民相談センター

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4841
ファクス:055-934-2593
メールアドレス:soudan@city.numazu.lg.jp

Copyright ® Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る