ここから本文です。

「2018ぬまづフリーマーケットフェスティバル&消費生活展」を開催しました

2018年2月9日更新

 平成30年2月4日(日)、キラメッセぬまづ(プラサヴェルデ内)にて「考えよう 地球・環境・くらし」をテーマに、「2018フリーマーケットフェスティバル&消費生活展」(主催:ぬまづ消費生活展運営委員会・沼津市)を開催しました。
 イベント当日はオープン前から多くの方々が行列を作る盛況ぶりで、約24,000人のお客様にご来場いただきました。
 静岡県内最大級の170ブースが出店したフリーマーケットフェスティバルでは、大勢の来場者が掘り出し物を求めて各ブースを巡り、買い物を楽しみました。また、消費生活展では33団体28ブースが出展し、各団体の活動や環境・生活に関する情報についてパネル展示などで紹介しました。見るだけでなく、ゲームや実験、手作りなど体験を通して学ぶことができるブースなど各団体工夫を凝らした展示内容となりました。また、ひものや野菜、お茶、みかんなど安全で美味しい地場産品等を直売する食のブースも人気でした。
 さらには、生活環境部コンテスト市長表彰式や消費生活ミニ劇場などのステージイベントやクイズラリーにも多くの方々にご参加いただき、楽しみながら学んでいただけたのではないかと思います。
 このイベントをきっかけに、一人でも多くの方が安全・安心な消費生活について自ら考え、今後の生活に活かしていただければ幸いです。

写真で振り返る 2018ぬまづフリーマーケットフェスティバル&消費生活展

毎年恒例、オープン前からの入場待ちの行列。オープン直後から会場内は大変な賑わいとなりました。
  •  

  •  

  •  

消費生活展ブースでは、各団体がパネル展示やゲームや体験・実演等で趣向を凝らし、分かりやすく活動内容や生活に関する情報を紹介。ひもの、野菜、お茶等の食の販売ブースも好評でした。
  •  

  •  

  •  

会場特設ステージでは、沼津市生活環境部の「食べ切り・使い切りレシピコンテスト」「ぬまづエコ活動コンテスト」の表彰式を実施しました。
  •  

  •  

  •  

また、消費生活センターのミニ劇場「人生航路2018」では、子どもから高齢者までよくある消費者トラブルについて職員が熱演。最後は、沼津市消費者協会による消費生活紙芝居「くらしの中の工夫」の上演で、ステージを締めくくりました。
  •  

  •  

  •  

このページに関するお問い合わせ先

企画部広報広聴課消費生活センター

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4841
ファクス:055-934-2593
メールアドレス:soudan@city.numazu.lg.jp

Copyright ® Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る