ここから本文です。

沼津市建築物等耐震化促進事業

2018年2月28日更新

木造住宅(昭和56年以前に建築された木造在来工法)の診断、補強をすすめるために

木造住宅の耐震化は、1・2・3の流れとなります。
※2〜6は事前の申請が必要です。

1 わが家の専門家診断事業
(無料)
診断希望者へ「耐震診断補強相談士」を派遣します。

2 既存住宅耐震診断事業
耐震診断(補強計画)を実施する住宅の所有者又は居住者(所有者の3親等以内の親族及びその配偶者)に対してその費用に対する補助をします。

3-1 木造住宅耐震補強助成事業(耐震補強工事)
耐震補強工事を実施する住宅の所有者又は居住者(所有者の3親等以内の親族及びその配偶者)に対してその費用に対し補助をします。
補助額は最大50万円。高齢者のみでお住まいの方、重い障害を持った方等が同居されている場合は上限額が70万円となります。
市が定めるPR活動にご協力いただいたものについては30万円を上乗せします。(50万円が80万円に、70万円が100万円)PR活動の内容など詳細についてはまちづくり指導課へお問い合わせください。

3-2 木造住宅除却助成事業(解体工事)
耐震化されていない木造住宅の所有者に対して解体工事費用の一部を補助します。
補助額は事業費の23%以内(上限20万円)です。

◇できるだけ市内業者を利用しましょう。◇
〈耐震診断(補強計画)〉
社団法人 静岡県建築士会東部ブロック沼津地区 電話:055-939-8210
〈補強工事〉
沼津建築工業組合 電話:055-921-5477

建築物の耐震化をすすめましょう

4 既存建築物耐震診断事業
耐震診断を実施する建築物の所有者に対してその費用に対し補助をします。

5 既存建築物耐震補強助成事業
建築物の耐震改修の促進に関する法律に規定する建築物の調査設計計画・耐震改修工事の費用に対し補助をします。

6 緊急輸送道路沿道建築物耐震補強助成事業
緊急輸送道路沿道の建築物が耐震補強工事を実施する場合その費用に対し補助をします。

耐震化をすすめるために、事業や制度を広くお知らせしています

7 出前講座
わが家の耐震対策について、いつ、どこへでも説明に出向きます。

要綱・要領等

耐震相談窓口

まちづくり指導課 景観指導係
電話:055-934-4762
ファクス:055-933-1412

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Acrobat Reader

このページに関するお問い合わせ先

都市計画部まちづくり指導課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4766
ファクス:055-933-1412
メールアドレス:mati-sido@city.numazu.lg.jp

Copyright ® Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る