ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症に関する具体的な取組や支援策についての市長からのメッセージ

2020年4月24日更新

4月16日に発令された緊急事態宣言以降、市民の皆様には、不要不急の外出の自粛をお願いさせていただき、大変なご不便をおかけしております。
沼津市では、4月8日に1例目の新型コロナウイルス感染者が確認されて以降、感染者は確認されておりません。しかし、ここで気を緩めることなく、市民の皆様には、来るゴールデンウィークにおいて、引き続き、不要不急の外出を自粛していただくとともに、本市としても、関係機関と連携し、県外からの観光客の流入を抑制することにより、市内に新型コロナウイルスを持ち込ませない取組の強化が必要であります。
また、感染拡大防止対策が進められることによって、市内事業者の皆様は、非常に厳しい経営状況におかれ、かつてない危機を迎えていらっしゃいます。

本市では、このような状況に対応するため、1)事業者支援、2)教育支援、3)健康・医療・福祉支援を柱とした新型コロナウイルス感染症対策をとりまとめ、総額約5億5千万円の事業を、迅速に実施していくことといたしました。
本日、市民の皆様に、その対策の内容をご説明するとともに、引き続きのご協力を何とぞよろしくお願いいたします。

1)事業者支援

  • ゴールデンウィークを前にして、市内での新型コロナウイルスの蔓延を防ぐためにも、県外からの観光客の流入を防ぐ必要があります。そこで、市内最大の集客地である沼津港をはじめ、市内の飲食業や宿泊業等を営む皆様に休業を要請することといたしました。期間は、4月25日から5月6日までとさせていただきますが、本市としましては、特別な事情がない限り、休業に是非ともご協力いただきたいと考えております。協力していただける事業者には、協力金として、1店舗あたり20万円、1事業者あたり最大100万円を支給いたします。
  • 市内の飲食業や宿泊業を営まれている事業者では、売上の減少に直面し、家賃や光熱費などの固定費の支払いにも苦労されている状況であると、4月17日に開催した経済対策連絡会において報告を受けたところです。そこで、売上が前年同月比で50%以上減少している飲食業や宿泊業の事業者の皆様に使途を限定せず、1事業者あたり30万円を支給いたします。
  • また、利用客の減少が著しい旅館・ホテルを営む皆様の中で、休業にご協力いただける市内に本社機能のある事業者には、1施設あたり50万円を支給いたします。
  • 利子補給については、今後、補給率や期間を拡充いたします。
  • インターネットを活用した支援策として、市内のテイクアウトメニューやお取り寄せの品々を紹介した事業者支援サイト「テイクアウトdeステイホーム」を立ち上げることといたしました。このサイトでは、事業者の方が自由にアップロードできる仕組みにしておりますので、是非ご活用いただきたいと思います。

2)教育支援

  • 4月14日に市立小中学生への3,000円分の図書カードの配布を表明いたしましたが、対象を拡大して、沼津市にお住いの全小中学生を対象に図書カードを配布させていただくことといたしました。この機会に、小中学生には、感想文・画コンクールにも積極的に参加していただきたいと思います。なお、図書の購入については、図書カードを使用する必要はありませんので、各家庭のご都合にあわせて図書カードをご活用下さい。

3)健康・医療・福祉支援

  • 新型コロナウイルス感染防止のための医療現場における対策を強化するために、市立病院における防護服360着や長袖ガウン7,500着、マスク36,000枚、エアテントや陰圧装置の購入に、2,000万円を拠出することといたしました。

  • また、県内初の取組として、通院や買い物にバスやタクシーをお使いの皆様の安全・安心対策のため、交通事業者の皆様にバス1台あたり2万円、タクシー1台あたり1万円を支給し、乗り物内の感染拡大防止対策にご活用いただくことといたしました。
  • 自宅待機の状況下では運動不足に陥りがちであることから、ストレッチをはじめとした軽運動の紹介をフェンシングのオリンピック選手による監修のもと、作成し公開いたしました。
  • 現場でのご苦労が絶えない放課後児童クラブにおいては、教員の皆様のご協力を得て、小学校の休業期間中における全38クラブの運営体制を確保したところです。
  • さらに、県外からの流入者対策として、大型の公園の駐車場を閉鎖するほか、市営漁港施設への漁業者や関係者以外の立入禁止を強化することといたしました。また、県管理漁港についても、同様の対応をとっております。市民の皆様にはご不便をかけることになると思いますが、近隣の公園をご利用の際には、必ず三密を避けて下さい。

今後の本市の新型コロナウイルス対策として、住民を対象とした10万円の特別定額給付金については、専用窓口を5月1日より設置し、万全の態勢で取り組んでまいります。また、中小企業や小規模事業者を対象とした最大200万円の持続化給付金をはじめとした支援制度等については、国・県をはじめ関係機関と連携し行ってまいります。さらに、長期化も懸念される家庭学習環境への支援や不足する医療物資の準備などにも、迅速に対応してまいります。

一方、感染収束後の対策については、国のGo Toキャンペーン等と連動し、積極的な観光需要の喚起に取り組んでまいります。また、産業全体の活性化に向け、関係機関と連携して、人・物の流れやまちの賑わいの回復に取り組んでまいります。

本市では、今後も、市民の皆様への情報発信を適時適切に行うとともに、必要に応じて、迅速に追加対策を実施してまいります。

令和2年4月23日  沼津市長 賴重 秀一

このページに関するお問い合わせ先

危機管理課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4803
ファクス:055-934-0027
メールアドレス:kikikanri@city.numazu.lg.jp

Copyright © Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る