ここから本文です。

講座日記 令和2年度(7月~9月)

2021年3月5日更新

開催した認知症サポーター養成講座の紹介と、参加された皆様のご感想等です。

令和2年7月14日(火曜日) 担当:千本地域包括支援センター

看護実習生の皆様3名に参加いただきました。

看護実習生の皆様

【感想】

  • 認知症のことがよくわかりました。等

令和2年7月16日(木曜日) 担当:千本地域包括支援センター

千本デイサービス職員の皆様17名に参加いただきました。

千本デイサービス職員の皆様

【感想】

  • 認知症の方との対応が、よくわかりました。
  • 身近な議題で、ケアワーカーさんの対応も聞けて、勉強になりました。
  • ロールプレイで演じてみると、利用者さんの気持ちがより理解できたような感じがする。等

令和2年7月16日(木曜日) 担当:かどいけ地域包括支援センター

門池はつらつ教室の皆様42名に参加いただきました。

令和2年7月30日(木曜日) 担当:かぬき地域包括支援センター

ダイハツ沼津販売株式会社の皆様8名に参加いただきました。

令和2年9月5日(土曜日) 担当:キャラバン・メイト

福祉のおしごと学び体験ツアーの皆様17名に参加いただきました。

【感想】

  • リモートでも、非常に内容が濃く、とても良かったです。
  • VR体験では、レビー小体型認知症について、よくわかりました。
  • 認知症だからと言って、何もできないと思うのは良くないとわかりました。等

令和2年9月10日(木曜日) 担当:はら地域包括支援センター

沼津市立看護学校の皆様25名に参加いただきました。

沼津市立看護学校の皆様

【感想】

  • 知識がなければ何気なく行ってしまう行動も、今日の講座を通じて工夫する必要性があることが分かった。
  • 認知症があっても、その人にとって出来る事、出来ない事は何かを判断し、関わっていくことを大切にしていきたいと思った。
  • 病院では寂しくさせないように関わりを持ったり、地域で困っている人がいたら、声掛けして少しでも助けられたら、住みやすい街になると思った。等

令和2年9月15日(火曜日) 担当:千本地域包括支援センター

介護予防サポーターの皆様9名に参加いただきました。

【感想】

  • 言われた事は覚えていなくても、不安な気持ち等が消えていないことがわかった。
  • DVDを見たり、グループワークをする事で、具体的な対応を考えるきっかけとなった。
  • 認知症の方と関わる機会があれば、接し方を学んだので、思い出して接して行きたいです。等

令和2年9月16日(水曜日) 担当:かなおか地域包括支援センター

さくらんぼカフェ参加者の皆様12名に参加いただきました。

さくらんぼカフェ参加者の皆様

令和2年9月28日(月曜日) 担当:千本地域包括支援センター

看護実習生の皆様2名に参加いただきました。

看護実習生の皆様

【感想】

  • 認知症の人がどんな脳の状態で、どんな症状が出てしまうのか、また、その家族の悩みも知ることが出来ました。
  • 認知症の方には優しく丁寧に、尊厳に配慮して対応をして行きたいと思いました。等

このページに関するお問い合わせ先

市民福祉部長寿福祉課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4834
ファクス:055-935-0335
メールアドレス:chouju@city.numazu.lg.jp

Copyright © Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る