ここから本文です。

新型コロナとインフルエンザの同時流行を予防しましょう

2020年12月9日更新

季節性インフルエンザの流行期には、発熱する人が多くみられます。
発熱、咳、のどの痛み、全身の倦怠感などの症状は、季節性インフルエンザだけでなく、新型コロナウイルス感染症でも同様にみられることがあり、臨床的に鑑別することが困難です。
そのため、発熱等の症状がある人が医療機関をいきなり受診すると医療従事者や他の患者さんに感染が広まってしまう恐れがあります。
まずはかかりつけ医等の身近な医療機関に電話をしてからの受診をお願いします。

発熱等の症状がある場合には、事前に医療機関に電話連絡をして下さい。
かかりつけ医がない人は発熱等受診相談センターに電話をいただければ、地域の受診可能な医療機関を案内します。      
電話:050-5371-0561 (土曜日・日曜日・祝日も含め24時間対応)

発熱した場合の受診の流れ

発熱した場合の受診の流れイメージ

新型コロナウイルス感染症の拡大防止には、一人ひとりの心がけが大切です。
市民の皆様には、引き続き、ソーシャルディスタンスの確保、マスクの着用、手洗いなどの基本的な感染予防対策に努めていただくほか、適度な加湿やこまめな換気を心がけていただくようお願いします。
なお、高齢の人、妊婦、呼吸器疾患等の持病のある人などは重症化リスクが高いため、特にご注意してください。

なお、夜間救急センターや当番医では、応急的な処置を優先するとともに患者さんの集中による混雑を避けるために、インフルエンザ等簡易迅速検査は実施しないので、ご理解をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先

市民福祉部健康づくり課

〒410-0881 静岡県沼津市八幡町97
電話:055-951-3480
ファクス:055-951-5444
メールアドレス:kenkou@city.numazu.lg.jp

Copyright © Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る