ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症対策 沼津市学習環境保全対策補助金

2021年6月30日更新

市内の施設で学習塾等を運営している事業者に対し、新型コロナウイルス感染症対策に要する費用を補助し、感染症対策を促進して安全安心な学習の場を保全します。

補助金の対象者

以下のすべての要件に該当する事業者

  • 市内の事業所、個人宅、公共施設等で、5人以上の児童生徒(小学生・中学生・高校生)を対象に、年間を通じて週1回以上継続的に、教育、学習支援事業を営む法人、個人、団体等であること
  • 次に掲げるア~キのいずれかに該当すること
    ア 学習塾(日本産業分類に掲げる小分類823-学習塾をいう。)を営むこと
    イ 音楽教授業(日本標準産業分類に掲げる細分類8241-音楽教授業をいう。)を営むこと
    ウ 書道教授業(日本標準産業分類に掲げる細分類8242-書道教授業をいう。)を営むこと
    エ そろばん教授業(日本標準産業分類に掲げる細分類8244-そろばん教授業をいう。)を営むこと
    オ 外国語会話教授業(日本標準産業分類に掲げる細分類8245-外国語会話教授業をいう。)のうちの英会話教授所、英会話教室を営むこと
    カ その他の教養・技能教授業(日本標準産業分類に掲げる細分類8249-その他の教養・技能教授業をいう。)のうちの美術教室を営むこと
    キ その他市長が認める教授業を営むこと
    ※日本標準産業分類(平成25年10月改定)(平成26年4月1日施行)
  • 営む事業の業種別ガイドラインか、営む事業に近い業態の業種別ガイドラインに準じた感染予防対策を実施しており、今後も継続して実施する予定であること
  • 市税の滞納がないこと
  • 令和3年7月1日以前から継続して事業を営んでおり、今後も事業を継続する予定であること
  • 沼津市暴力団排除条例(平成24年条例第22号)第2条第2号に規定する暴力団員等又は同条第1号に規定する暴力団若しくは暴力団員等と密接な関係を有しないこと

補助額

感染症対策のための消耗品・備品等の購入費用実額
1施設あたり最大で10万円

  • ※令和3年4月1日以降に購入し、領収書等がある分が対象となります。
  • ※複数施設を運営する事業者については1事業者最大50万円(5施設分)までとします。
  • ※申請は1事業者につき1回限りとなります。

申請手続

申請受付期間

令和3年7月1日(木曜日)~令和3年9月30日(木曜日)

申請方法

郵送による申請
※令和3年9月30日(木曜日)必着

送付先
〒410-8601 沼津市御幸町16-1
沼津市教育委員会事務局 教育企画課 宛

申請に必要な書類 ※必ず記入例を御確認のうえ御記入ください。

注意事項

  • 新型コロナウイルス感染症の感染防止対策を徹底するため、郵送による提出のみの受付となります。
  • 先着順ではないので、受付期間に余裕をもって申請をしてください。
  • ご不明な点につきましては、よくあるお問い合わせ(PDF:440KB)をご確認ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Acrobat Reader

このページに関するお問い合わせ先

沼津市教育委員会事務局教育企画課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4821
メールアドレス:kyouiku-ki@city.numazu.lg.jp

Copyright © Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る