ここから本文です。

沼津市博物館紀要

2021年4月6日更新

沼津市博物館紀要の一覧
号数 主な内容 刊行年 頒価
第11号 大築尚志略伝 1987 品切れ
第12号 旧幕臣鈴木氏と松長カトリック教会について  1988 品切れ
第13号 伊豆における平田派国学門人の一動向 1989 品切れ
第14号 維新期沼津藩(菊間藩)の藩政改革 1990 品切れ
第15号 史料紹介 矢田堀鴻「公私雑載」 1991 品切れ
第16号 愛鷹牧余録 1992 1,500円
第17号 『沼津新聞』にみる開化と蒙昧 1993 1,000円
第18号 近代成立期の地域編成と名望家 1994 1,500円
第19号 『輿地航海図』の訳者武田簡吾について 1995 1,000円
第20号 明治期ロシア正教の伊豆伝道 1996 品切れ
第21号 沼津掃苔録 1997 1,000円
第22号 沼津兵学校関係人物履歴集成 1998 1,000円
第23号 沼津兵学校附属小学校教授永井直方の日記 1999 1,000円
第24号 旧幕臣・静岡県出身者の同郷・親睦団体 2000 500円
第25号 下張から発見された沼津兵学校関係文書 2001 500円
第26号 沼津兵学校と静岡藩小学校掟書
後北条水軍梶原氏と紀伊
2002 500円
第27号 新出浄瑠璃本『和泉式部軒端梅』の紹介と翻刻 その他、明和前期の江戸人形浄瑠璃新出資料の紹介
沼津兵学校関係人物履歴集成
2003 500円
第28号 林洞海「茶農漫録」総目次と紹介 2004 500円
第29号 立田彰信の「日記摘録」
相磯喜一 「征清従軍日記」
2005 500円
第30号 沼津兵学校関係人物履歴集成 その三
旧幕臣 坂上鉄太郎「日記」
2006 500円
第31号 家計簿からみた静岡藩士の生活
立田彰信の「万遣払簿」
2007 500円
第32号 写真史のなかの静岡藩と沼津兵学校
沼津兵学校関係人物履歴集成 その四
2008 500円
第33号 沼津藩士杉山家「杉山家譜」
江原素六の戊辰時脱走抗戦関係史料
幕府鉄砲方田付家の先祖書
2009 500円
第34号 沼津兵学校関係人物履歴集成 その五
旧幕臣・静岡藩士掃苔録
江戸将来の石灯籠
2010 500円
第35号 「内浦紫明堂」絵葉書とその発行背景
【資料紹介】昭和20年の沼津空襲記録
宇野朗回想録の翻刻と紹介
神谷景昌「如夢草稿」の翻刻と紹介
2011 500円
第36号 沼津における近代的繊維産業についての一考察 東京人絹の進出を中心に
西周による沼津兵学校創立時の記録
沼津兵学校関係人物履歴集成 その六
昭和初期の「沼津音頭」「沼津節」
2012 500円
第37号 沼津兵学校生徒寄宿舎の図面
沼津藩の砲術稽古入門姓名録
沼津防空隊の「戦闘計画」
原土屋家文書「見聞・覚え記(1)」
2013 500円
第38号 原土屋家文書「見聞・覚え記(2)」 
沼津兵学校関係人物履歴集成 その7
沼津の石丁場調査報告(1)戸田石丁場群南西部
2014 500円
第39号 沼津三枚橋城跡の石垣堀と瓦
開成所画学局の絵師伊藤林洞
沼津兵学校の思想的前提 公議・建白・勧業
沼津石丁場調査報告(二)西浦地区
2015 500円
第40号 【資料紹介】松田庄之輔記「海軍日記」
韮山反射炉廃止に関する幕臣の記録
2016 500円
第41号 原町近代初期のマニュファクチュアの芽生え 原町製紙の軌跡を中心に
沼津市中原遺跡出土のガラス小玉鋳型の蛍光X線分析
【資料紹介】「本町野方絵図面」
草莽出身の幕臣渡辺融とその文書
2017 500円
第42号 馬と沼津兵学校
沼津兵学校関係人物履歴修正 その八
沼津のシャグジ
2018 500円
第43号 沼津市原地区における近代縫製・繊維産業の芽生えと発展についての一考察
淘宮術と明治の旧幕臣群像
2019 500円
第44号 三津真珠館 東海汽船による内浦三津への観光事業展開
遊撃隊に加わり戊辰戦争を戦った駿府脱士
沼津兵学校関係人物履歴集成 その九
沼津の石丁場調査報告(三)戸田石丁場群北西部1
2020 500円
第45号 沼津兵学校資業生成澤知行とその資料
沼津商社会所に関する新史料
沼津の石丁場調査報告(四)静浦東部石丁場群
2021 500円

入手方法については、館まで直接お問合せください。

このページに関するお問い合わせ先

沼津市明治史料館

〒410-0051 沼津市西熊堂372-1
電話:055-923-3335
ファクス:055-925-3018
メールアドレス:cul-meiji@city.numazu.lg.jp

Copyright © Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る