ここから本文です。

下水道の施設

2020年1月17日更新

中部浄化プラント

中部浄化プラント

中部浄化プラント施設概要

所在地
沼津市本字千本1905-4
供用開始
昭和53年11月
排除方式
分流式(一部合流式)
計画処理人口
32,670人(観光人口含む)
処理方法
標準活性汚泥法
汚泥処理方法
重力・機械→消化→脱水
敷地面積
20,270平方メートル
処理区域
中部処理区(市内中心部)
処理面積
342ヘクタール
処理能力
26,460立方メートル/日最大

狩野川西部浄化センター(県管理)

狩野川西部浄化センター

狩野川西部浄化センターの施設概要

所在地
原3060-1
敷地面積
18.39ヘクタール
処理方法
標準活性汚泥法
排除方式
分流式
処理能力
147,400立方メートル/日最大
計画面積
  • 流域関連沼津市分(全体計画)
    3,555ヘクタール
  • 事業計画区域沼津市分
    1,538ヘクタール
処理人口
  • 流域関連沼津市分(全体計画)
    115,870人
  • 事業計画区域沼津市分
    78,100人
処理水量
  • 流域関連沼津市分(全体計画)
    70,240立方メートル/日最大
  • 事業計画区域沼津市分
    45,025立方メートル/日最大

南部浄化センター

南部浄化センター

南部浄化センター施設概要

所在地
沼津市江浦7-3
供用開始
平成16年3月(1/4系列)
排除方式
分流式
計画処理人口
64,020人(観光人口及び清水町人口含む)
処理方法
標準活性汚泥法
汚泥処理方法
重力・機械-脱水
敷地面積
41,400平方メートル
処理区域
狩野川左岸処理区(沼津市・清水町)
処理面積
872.56ヘクタール(清水町199ヘクタール含む)
処理能力
39,000立方メートル/日最大

戸田浄化センター

戸田浄化センター

戸田浄化センターの施設概要

所在地
沼津市戸田932-3
供用開始
平成20年3月
排除方式
分流式
計画処理人口
5,060人
処理方法
膜分離活性汚泥法
汚泥処理方法
機械脱水→場外搬出
敷地面積
4,300平方メートル
処理能力
3,200立方メートル/日最大

その他の処理施設・ポンプ場

公共下水道

重須浄化センター

位置
沼津市内浦重須60-1
敷地面積
8,230平方メートル
処理水量
2,687立方メートル/日最大
処理方法
長時間エアレーション法
供用開始
昭和61年3月

久連浄化センター

位置
沼津市西浦久連3-1
敷地面積
1,206平方メートル
処理水量
612立方メートル/日最大
処理方法
長時間エアレーション法
供用開始
昭和54年4月

中部ポンプ場

位置
沼津市本字干本1905-1
敷地面積
8,112平方メートル
処理水量
14.76立方メートル/分
供用開始
昭和45年4月

松下中継ポンプ場

位置
沼津市本松下849-1
敷地面積
830平方メートル
処理水量
10.04立方メートル/分
供用開始
昭和62年4月

公共下水道

長浜中継ポンプ場

位置
沼津市内浦長浜176-2
敷地面積
138平方メートル
処理水量
2.4立方メートル/分
供用開始
昭和61年3月

三枚橋中継ポンプ場

位置
沼津市三枚橋6-16
敷地面積
496平方メートル
処理水量
4.32立方メートル/分
供用開始
平成9年4月

地域し尿処理施設

江梨浄化センター

位置
沼津市西浦江梨1000-12
敷地面積
162平方メートル
処理水量
150立方メートル/日最大
処理方法
長時間ばっき法
供用開始
昭和47年4月

漁業集落排水処理施設

井田浄化センター

位置
沼津市井田395
敷地面積
1418平方メートル
処理水量
258立方メートル/日最大
処理方法
接触ばっき法+バイオリアクター
供用開始
平成11年4月

このページに関するお問い合わせ先

水道部水道総務課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4851
ファクス:055-931-8101
メールアドレス:suido-so@city.numazu.lg.jp

Copyright © Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る