ここから本文です。

「都市鉱山から作る!みんなのメダルプロジェクト」実施!

2017年6月28日更新

2020年、東京で開催されるオリンピック・パラリンピック競技大会の入賞メダル製作に、みなさんの使用済小型家電が役立ちます!

概要

ノートパソコンや携帯電話などの小型電子機器及び小型家電には、貴重な資源が含まれています。
このプロジェクトは、みなさんの身の回りにある、不要となった小型家電から金属を抽出し、東京オリンピック・パラリンピックのメダルをつくろうという、全国各地で行われる国民参画型の取組です(主催:東京2020組織委員会)。製作されるメダルは、金・銀・銅あわせて約5,000個!沼津市もこの取り組みに賛同し、参加します。小型家電のボックス回収に更なるご協力をよろしくお願いします。

  • ※7月3日から取り組み開始

沼津市出身のメダリストからのメッセージ

1992年バルセロナオリンピック金メダリスト 岩崎恭子さん(水泳)

岩崎恭子さん

地元、沼津の皆さまの応援があり、バルセロナオリンピックでの金メダルは一生の宝物となりました。
使用していた家電製品や携帯電話が、オリンピック・パラリンピックのメダルになる!
これは、オリンピック・パラリンピックに関われるチャンスです!
たくさんの沼津市民の皆さまにご協力いただき、一緒に2020年を盛り上げていただけたら嬉しいです。

2016年リオデジャネイロパラリンピック銅メダリスト 若山英史さん(ウィルチェアー(車いす)ラグビー)

若山英史さん

メダルを獲得する瞬間は今まで応援していただいた方々や、支えて下さった方々、選手の思いが形になる瞬間です。なので、パラリンピックのメダルはいろんな方の想いが詰まったとても価値のあるものだと思います。
今回、このような形で市民の皆様にご協力いただけることでさらに想いの詰まったメダルになり、アスリートにとってのメダル獲得のモチベーションに繋がりますし、環境問題にも配慮した素晴らしいプロジェクトだと思います。

回収場所・回収品目

使用済み小型家電回収ボックス

沼津市では、使用済み小型家電回収ボックスが既に市内21カ所に設置されています。プロジェクト期間中は、既存ボックスにプロジェクト専用マグネットを貼付し、回収を実施します。
また、ボックスでの回収対象品もこれまでと変わらず10品目です。
回収品目や場所の詳細はこちらをご覧ください。

プロジェクトについて

市のボックスでは回収の対象としていないものについては宅配業者に回収を依頼できます。詳しくは「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」専用サイトをご覧ください。

東京2020組織委員会 主催 都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト 不要になった小型家電がメダルに生まれ変わる! 回収品目・方法等の詳細はコチラ

「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」専用サイト

このページに関するお問い合わせ先

生活環境部ごみ対策推進課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4743
ファクス:055-934-3045
メールアドレス:gomitai@city.numazu.lg.jp

Copyright ® Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る