ここから本文です。

御用邸に関するトークショー及び落語「御用邸のある街-NUMAZU-」の開催について

2019年11月22日更新

明治26年に造営されました「沼津御用邸」は、御用邸としての役割を終えるまで、多くの皇族の方々に利用され、昭和45年には「沼津御用邸記念公園」として開園し、市民が愛する本市の宝として現在に至っています。
御用邸が本市に設置された理由は様々ありますが、「東京より温暖な気候であり、避寒地として適した環境であったこと」、また「富士山やその前面にそびえる愛鷹山や駿河湾の美しい入江などの無数の絶景があったこと」などが、選定された一因でもありました。これらのことから、御用邸に関する理解を深めることは、改めて本市の良さに気づく機会に繋がるものと考えられます。
令和という新たな時代を迎え、今後も本市の宝として沼津御用邸の歴史や文化を後世に伝えるとともに、より多くの方に、本市が有する多彩な魅力への理解を深めていただくため、トークショー及び落語による「御用邸のある街-NUMAZU-」を開催します。

開催概要

静岡福祉大学名誉教授の「小田部雄次」様と第25期燦々ぬまづ大使を務めました「三遊亭朝橘」師が、御用邸の歴史から見えてくる本市の魅力を熱く語りあいます。また、三遊亭朝橘師には、沼津や御用邸の風光明媚な景色と関わりのある「東海道から仰ぎ見た富士の山にまつわる落語」を披露していただく予定です。

日時
令和2年1月12日(日曜日) 14時~16時
会場
千本プラザ 音楽ホール
講師
小田部雄次 (静岡福祉大学 名誉教授)
三遊亭朝橘 (沼津市出身、第25期 燦々ぬまづ大使)
料金
入場無料
その他
参加者全員に沼津御用邸記念公園無料入園券(令和2年1月末まで有効)をプレゼント
主催
沼津市(都市計画部 緑地公園課)
申込方法
参加ご希望の方は、令和2年1月8日(水曜日)までに、緑地公園課へ電話または電子メールにてお申込みください。(お名前をお伝えください。)
電話:055-934-4796
メールアドレス:ryokuti@city.numazu.lg.jp

このページに関するお問い合わせ先

都市計画部緑地公園課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4796
ファクス:055-932-5871
メールアドレス:ryokuti@city.numazu.lg.jp

Copyright © Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る