ここから本文です。

軽自動車税(環境性能割)について

2019年9月19日更新

軽自動車税「環境性能割」が導入されます

令和元年10月1日から、自動車取得税(県税)が廃止され、自動車の燃費性能等に応じて自動車の購入時に納付する「環境性能割」が導入されます。
新車・中古車を問わず、取得価額が50万円を超える三輪・四輪の車両が対象となります。
これに伴い、軽自動車分の環境性能割は市町村税となりますが、当分の間は都道府県が賦課徴収を行います。これまでの自動車取得税と同様に、軽自動車の取得時に申告及び納付を行ってください。

軽自動車税(環境性能割)の税率 ※自家用の乗用車の場合

環境性能割の税率は、軽自動車の燃費性能等に応じて決定します。取得価額に、下記の表に示す税率を乗じた額が環境性能割の税額となります。
なお、消費税率引き上げに伴う対応として、令和元年10月1日から令和2年9月30日までの間に軽自動車を取得した場合、臨時的に環境性能割の税率1%分が軽減されます。

軽自動車税(環境性能割)の税率詳細
区分 令和元年10月1日から令和2年9月30日の間に取得した場合 令和2年10月1日以降に取得した場合
電気自動車等 非課税 非課税
★★★★かつ2020年度燃費基準+20パーセント達成車 非課税 非課税
★★★★かつ2020年度燃費基準+10パーセント達成車 非課税 非課税
★★★★かつ2020年度燃費基準達成車 非課税 1パーセント
★★★★かつ2015年度燃費基準+10パーセント達成車 1パーセント 2パーセント
上記以外 1パーセント 2パーセント
  • ※「★★★★」とは、平成30年排出ガス基準50パーセント低減達成車又は平成17年排出ガス基準75パーセント以上低減達成車を指します
  • ※営業用の税率は0~2パーセントとなります(営業用については、臨時的軽減の適用はありません)

現行の軽自動車税は、軽自動車税(種別割)に名称が変わります

令和元年10月1日から、現行の軽自動車税は「軽自動車税(種別割)」に名称が変更されますが、手続きや税率に変更はありません

このページに関するお問い合わせ先

財務部市民税課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4734
ファクス:055-932-1788
メールアドレス:siminzei@city.numazu.lg.jp

Copyright © Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る