ここから本文です。

沼津市へのUターンを促進するボディシルエット動画を公開中です

2018年11月30日更新

⾃然豊かな沼津で暖かい家族の元に育った主人公は、⽗が帰ってくるとき、学校から帰ってくる時、いつも「ただいま」に囲まれていた。⾼校を卒業した主人公は、⼤学進学を機に上京。東京で就職、結婚し、⼦供にも恵まれながらも、都会での⽇々は慌ただしく過ぎていく。都会での⽣活は家族とすれ違い、いつの日か「ただいま」のシーンはなくなっていた。ある夏休み、主人公は家族を連れ沼津の実家に帰省する。⾃分がかつて遊んでいた場所で⾃分の⼦供が遊ぶ姿を⾒て、記憶が追体験されていく。都会へ戻りまた元の⽣活になり、家族とすれ違っていく主人公。いつも「ただいま」に溢れていた家。主人公は、沼津で過ごした幼少期と同様に⼦育てをするため、妻と相談し、家族で沼津に帰る決心する。また、沼津で「ただいま」は続いていく。

「ただいま」が続くまちlong.ver

「ただいま」が続くまちshort.ver

このページに関するお問い合わせ先

企画部政策企画課移住定住相談室

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4813
ファクス:055-934-5011
メールアドレス:iju@city.numazu.lg.jp

Copyright ® Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る