ここから本文です。

土地利用の高度化

2007年9月27日更新

土地利用の高度化ができます

鉄道高架に伴い鉄道の幅がスリムされるとともに、発生する鉄道施設跡地を利用して、土地の高度利用を図り、静岡県東部地域の広域拠点としてふさわしい魅力的な空間づくりができます。

鉄道跡地などの都市的活用

現車両基地、現貨物駅の跡地は都市開発されます

  • 現車両基地、現貨物駅は、移転先の市有地と交換されて都市開発されます。
  • 新たな宅地として活用するとともに、魅力あるまちづくりのため道路や公園を整備していきます。
    なお、跡地の活用については、引き続き検討していきます。
新貨物駅 約3ヘクタール(中央公園の約5倍)と現車両基地 約4ヘクタール(中央公園の約7倍)の位置図
高架下空間の利用イメージ(商業、公園)

南北市街地の一体化

鉄道の幅がスリム化することにより、今まで鉄道により南北に分断されていた人、モノ、情報等の交流が活発に行き交い、一体的な市街地の形成が促進されます。

鉄道跡地などの都市的活用

約14ヘクタールの鉄道施設跡地が発生しますが、これを活用して、文化、レクリエーション、観光、都市型住宅などの交流人口や定住人口の増加が見込める施設の立地が期待できます。

高架下空間の利用

  • 公共スペースが得がたい駅周辺において、鉄道の高架下が利用できるようになり、駐輪場、集会場、公園、防災倉庫など市民の皆様が求める都市機能や商店、飲食店などが入ることも可能となり、まちの広がりが期待できます。
  • 鉄道沿線のまちづくりと整合した高架下利用が可能となり、高度で機能的なまちづくりが期待できます。

鉄道跡地、高架下等は様々に活用されます

鉄道跡地、高架下等の活用については、民間との協力で、様々な市民ニーズに応えられるよう取り組んでいきます。

オープンカフェ、フィットネスクラブ、保育園 イメージ写真

このページに関するお問い合わせ先

沼津駅周辺整備部推進課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4768
ファクス:055-934-2310
メールアドレス:suishin@city.numazu.lg.jp

Copyright ® Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る