ここから本文です。

原・浮島地区まちづくり大学

2019年8月23日更新

沼津市の西部に位置する原・浮島地区は、貴重な歴史・文化を有し、東名・新東名からのアクセス向上や都市計画道路の整備、沼川新放水路等の防災対策などの都市基盤整備が見込まれ、今後、観光や企業進出等による地域経済の活性化が期待されています。
昨年度は、道路をはじめとする基盤整備や物流、先端農業をテーマに、「原・浮島地区まちづくり大学」を3回にわたり開催しました。
今年度においては、原・浮島地区の持つ歴史・文化・景観などの地域資源を生かし、この地域に多くの方に訪れていただけるようなまちづくりの機運を高めるため、「観光」をテーマに2回開催します。

開催概要

第1回 令和元年9月6日(金曜日) 14時~16時(開場13時30分)

原地区センター 第1会議室(沼津市原1200-3)
「歴史・文化を生かした観光まちづくりの系譜と今後の展望」

第2回 令和元年10月31日(木曜日) 16時~18時(開場15時30分)

浮島地区センター 大会議室(沼津市平沼375-1)
「歴史・文化を生かした観光まちづくり事例とその考察~小田原をケーススタディとして~」

定員等

各30人(当日先着順)
参加料無料
どなたでも聴講できます。

  • ※駐車場に限りがありますので、公共交通機関等の利用にご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先

企画部政策企画課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4704
ファクス:055-934-5011
メールアドレス:kikaku@city.numazu.lg.jp

Copyright ® Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る