ここから本文です。

10月1日から拡充されるブロック塀等の撤去及び改善をするための補助金について

2019年9月13日更新

補助金制度拡充の目的

近年の地震によるブロック塀等の倒壊事故を踏まえ、ブロック塀等倒壊による事故を未然に防ぐため、ブロック塀等の撤去・改善を更に促進します。地震に強く、安全・安心なまちづくりを形成するために危険なブロック塀等の撤去・改善の補助制度を拡充します。

主な改正点

(現行制度)
道路、津波避難路に面するブロック塀等の撤去・改善に対して補助金を交付しています。

(新制度)
現行制度に加え、道路のうち、避難路、避難地、通学路、緊急輸送路に面するブロック塀等の撤去・改善に対しては、補助金の交付額を増額します。

補助金拡充額一覧

 
補助金拡充額一覧詳細
種類 対象工事内容 補助額 補助額
耐震診断 ブロック塀、石塀、れんが塀その他これらに類する塀の耐震性を診断 避難路・避難地・通学路・緊急輸送路・津波避難路に面するもの 事業費(診断費に限る)
↑↓
基準額(延長×9,600円/メートル)
  • 比較して少ない額の3分の2
撤去 倒壊または転倒の恐れのある危険なブロック塀等を撤去する工事 避難路・避難地・通学路・緊急輸送路に面するもの 事業費(工事費に限る)
↑↓
基準額(延長×20,000円/メートル)
  • 比較して少ない額の3分の2
  • 限度額 26万6千円
改善

危険なブロック塀等を安全な塀に改善

避難路・避難地・通学路・緊急輸送路に面するもの 事業費(工事費、設計費)
↑↓
基準額(延長×38,400円/メートル)
  • 比較して少ない額の3分の2
  • 限度額 33万3千円

その他注意事項

  • 避難路とは沼津市地域防災計画に定めた避難地避難経路に示された道路に限ります。
  • 避難地とは沼津市地域防災計画に定めた避難地、広域避難地に限ります。
  • 通学路とは市内の小中学校が児童、生徒が通学する道として指定し、沼津市教育委員会が確認したものに限ります。
  • 緊急輸送路とは沼津市地域防災計画に定めた道路に限ります。
  • 津波避難路とは沼津市津波ハザードマップに示された路線に限ります。
  • ※詳しい補助金の内容等につきましては、沼津市都市計画部まちづくり指導課までお問合せください。

このページに関するお問い合わせ先

都市計画部まちづくり指導課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4766
ファクス:055-933-1412
メールアドレス:mati-sido@city.numazu.lg.jp

Copyright © Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る