ここから本文です。

2019年全国家計構造調査の実施について

2019年8月16日更新

全国家計構造調査は、家計における消費、所得、資産及び負債の実態を総合的に把握し、世帯の所得分布及び消費の水準、構造等を全国的及び地域別に明らかにすることを目的としています。

調査の対象

全国から無作為に選定した約90,000世帯が対象です。
沼津市では216世帯が対象になります。
また、調査開始時期は、基本調査が8月頃、簡易調査が9月頃になります。

調査の方法

「家計簿」、「年収・貯蓄等調査票」及び「世帯票」の3種類の調査票により、日々の家計の収入と支出、年間収入、預貯金などの金融資産、借入金、世帯構成、世帯員の就業・就学状況、現住居の状況(床面積、建築時期など)、現住居以外の住宅・宅地の保有状況を調査します。
この調査は、3種類全ての調査票にお願いする「基本調査」と「年収・貯蓄等調査票」及び「世帯票」の2種類の調査票に回答をお願いする「簡易調査」で調査します。

かたり調査にご注意ください

「全国家計構造調査」を装った不審な訪問者や不審な電話・電子メールなどにご注意ください。調査員は必ず「調査員証」を身に着けておりますのでご確認ください。また、金品を請求したりすることは絶対にありません。

総務省統計局 2019年全国家計構造調査

詳細については、総務省統計局のホームページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ先

企画部情報システム課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4817
ファクス:055-935-0417
メールアドレス:infosys@city.numazu.lg.jp

Copyright ® Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る