ホーム > 市民のみなさんへ > 施設案内 > 戸田造船郷土資料博物館・駿河湾深海生物館 > 駿河湾深海生物館〜ミュゼ ヘダビス〜 ご案内

2017年12月6日更新

駿河湾深海生物館〜ミュゼ ヘダビス〜 見どころのご案内

ココリコ 田中直樹 名誉館長による特別展示

ココリコ 田中直樹 名誉館長による特別展示

「田中名誉館長コーナー」では、芸能界随一の生き物好きである田中名誉館長が、こんな深海生物いないかな〜と妄想して描いてくれた、謎の深海生物の絵が展示されています。他にも各コーナーに設置されているモニターでは名誉館長自ら動画出演し、展示の紹介をしてくれています。

館内は平成29年7月22日にリニューアル。
ココリコ 田中直樹さん、東京大学大気海洋研究所 海洋生物資源部門 助教 猿渡敏郎さん、サイエンスライター 山村紳一郎さんの3名により監修され、楽しく学べる施設に生まれ変わりました。

沼津市戸田地区で水揚げされる深海生物を中心に展示

沼津市戸田地区で水揚げされる深海生物を中心に展示

「世界一大きいタカアシガニ」、「戸田でおいしい深海魚」、「深海ザメ」の展示コーナーなど、主に戸田のトロール船で水揚げされた生物にこだわり展示しています。

オロシザメのはく製展示

これまでに数体しか確認されていない希少なオロシザメですが、新種登録の際に論文記載された対象個体がはく製として展示されています。その他液浸標本としても2体展示しており、合計3体の個体を展示している施設は他にありません。

オロシザメのはく製展示

 

ソコボウズの液浸標本 常設展示では国内初!

ソコボウズの液浸標本常設展示

水深2,000mで捕獲した全長1,200mm、体高200mmの大型深海魚です。2013年に国立科学博物館の特別展「深海」で展示され、人気を博した深海魚です。

展示個体数

 はく製:31体
 液浸標本:約75種 151体
 模型:42体
 (H29.7.22 現在)

関連リンク

このページに関するお問い合わせ先

戸田造船郷土資料博物館・駿河湾深海生物館

〒410-3402 沼津市戸田2710-1
TEL:0558-94-2384
FAX:0558-94-2384
E-mail:cul-zousen@city.numazu.lg.jp

ページの先頭へ戻る