ここから本文です。

小さくても資源! 雑がみを資源に出して紙ごみ減量!

2017年11月24日更新

 日常生活を送る上で出る、メモ用紙やティッシュの空き箱などの小さな紙類は、どのように捨てていますか? 小さいものは燃やすごみに捨てている、という方も多いのではないでしょうか。小さな紙類も、リサイクルすることのできる立派な「資源」です。
「資源回収の日 古紙類」の「その他の紙」として出しましょう。

リサイクル出来る紙

リサイクル出来る紙
  • 紙袋
  • カレンダー・ポスター
  • ノート・メモ帳
  • 封筒・ハガキ
  • トイレットペーパーラップの芯
  • ティッシュの空き箱
  • お菓子・薬等の空き箱

リサイクル出来ない紙

リサイクル出来ない紙
  • 防水加工された紙(紙コップ・紙皿など)
  • 臭いのついた紙(洗剤・石鹸・線香の包み紙など)
  • 感熱紙(レシートなど)
  • 写真
  • 銀紙(ガムやチョコなどの包み紙)
  • カーボン紙(配達伝票など)
  • 汚れた紙(油のついた紙・使用済みティッシュなど)
  • その他(シール・粘着テープ・ビニールコート紙・アイロンプリント紙)

出し方ワンポイント

小さな紙は、紙袋や封筒等をごみ箱代わりに利用して、 いっぱいになったらその上から白い紙ひもで結んで出すと出しやすいです。

出し方ワンポイント

このページに関するお問い合わせ先

生活環境部ごみ対策推進課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4743
ファクス:055-934-3045
メールアドレス:gomitai@city.numazu.lg.jp

Copyright ® Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る