ホーム > 市政情報 > 課ごとの業務一覧 > 水道部水道サービス課

2013年4月1日更新

水道部水道サービス課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
TEL:055-934-4853
FAX:055-934-0887
E-mail:suido-sa@city.numazu.lg.jp

概要

沼津市の水道は、昭和22年の創設事業認可、昭和25年の泉水源からの通水開始以来、4回の拡張事業を行い、現在第5期拡張事業に着手しています。当水道は泉水源をはじめとする各水源より豊富で良質な地下水を沼津市、清水町の皆さまに供給しています。
下水道は、健康で安全・快適な生活環境の確保と公共用水域の安全を図るために不可欠な施設であり、安らぎと潤いのある豊かな都市づくりを進めるうえで、その果たす役割は、ますます重要なものとなっています。
沼津市の公共下水道事業は昭和42年に事業に着手して以来、毎年整備を続けており、今後も多くの人が下水道を利用できるように、整備を続けていきます。
水道サービス課では、給水の契約業務をはじめ、水道メーターの検針(使用水量)業務、水道料金及び下水道使用料の収納業務を行っています。
また、給排水設備工事の申請や検査等の業務も行っています。

主な仕事内容

  • 上下水道の使用開始・休止の申込み
    住所異動に伴う給水の開始、休止及び廃止の手続きを行っています。
    引越し等により水道の利用を中止される時の水道料の精算も行っています。
  • 使用水量の検針
    水道の検針は2か月に1度行っています。検針員が各家庭、各事業所のメーターを検針に伺います。又、使用水量、水道料金等の金額、前期分の口座からの振替金額などが記載された「使用水量等のお知らせ」をおいてきます。
  • 水道料金等のお支払い 水道料金・下水道使用料の料金表はこちら
    水道料金は、それぞれの口径別の基本料金と超過料金を合計したものです。
    下水道使用料は、上水道の口径に関係無く、基本料金と超過料金を合計したものです。
    水道料金等のお支払いは2か月に1度、口座振替、納付書によりお支払いいただいています。
  • 水道メーターの定期交換
    計量法に基き、8年に1度、水道メーターの定期交換を行っています。
  • 専用水道・簡易専用水道の届出
    専用水道又は簡易専用水道の事前協議や届出の受付け業務を行っています。 

水道の手続きとお知らせ

  • 引っ越してきて新たに水道を使用するときは
    玄関や郵便受けに、ビニール袋に入れて置いてある「(水道使用開始申込書)水道使用開始届」に必要事項を記入して投函して下さい(切手は不要です)。
    なお水が出ない場合は、メーターボックス内の止水栓を左へいっぱい回して下さい。
  • 引越して行くときは
    お早めにご連絡下さい。その時には水道番号(門標番号)をお知らせ下さい。検針後、料金の精算をします。
  • 検針と使用料金の支払いは
    水道メーターの検針と料金のお支払いは、2か月に一度の隔月制となります。
    なお使用料金のお支払いには、口座振替制度が便利です。
  • 検針にご協力をお願いします
    • メーターボックスの上に物を置かないようにしましょう
    • メーターボックスの中はきれいにしましょう
    • 犬は放し飼いにせず、出入口やメーターボックスから離れた場所につないで下さい
  • 水漏れチェックをしましょう
    蛇口を全部締めても、水道メーター内の銀色の星(パイロットマーク)が回っているときは漏水の疑いがありますのでご連絡下さい。
  • 水洗化を促進しています
    せっかく整備した下水道も利用していただけなければ、その効果を上げることができません。このため、下水道が整備された区域の方には一日も早く水洗化をしていただくためのお願いをしています。
  • 水道の新設、改造、修理などは
    沼津市指定給水装置工事事業者(旧指定給水工事店)に申し込んで下さい。
    指定事業者以外は、給水装置工事は出来ません。
  • 排水設備の工事などは
    家庭や事業所から公共下水道までの排水設備工事は、建物の所有者が指定工事店に依頼して行います。この工事が不完全ですと、下水が流れにくくなり詰まりや悪臭の原因となります。このため、排水設備工事の着手前に書類審査を行い、完了後検査を行っています。
  • 関連リンク

    このページに関するお問い合わせ先

    水道部水道サービス課

    〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
    TEL:055-934-4853
    FAX:055-934-0887
    E-mail:suido-sa@city.numazu.lg.jp

    ページの先頭へ戻る