ここから本文です。

勝田香月(かつたこうげつ)記念碑

2007年7月1日更新

勝田香月は明治32年(1899)駿東郡沼津町本町に生まれたが、大正2年(1913)の大火後、大宮町(富士宮市)へ転出。23歳の時「出船」を載せた詩集「心のほころび」を出版した。また、昭和4年(1929)29歳で東京市中野町会議員に当選、その後政治家として社会民主運動に貢献した。通信講座の草分けでもある。昭和41年(1966)、67歳で死去した。この「出船」の歌は、香月18歳の時の作品である。碑は昭和56年4月に、香月会により建てられたものである。墓は東熊堂の大泉寺にある。

  • 勝田香月記念碑
  • 勝田香月記念碑

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会事務局文化振興課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4812
ファクス:055-931-8977
メールアドレス:cul-sinkou@city.numazu.lg.jp

Copyright ® Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る