ホーム > 市政情報 > 沼津の文化財 > 沼津の古墳 > 清水柳北1号墳

2017年4月26日更新

清水柳北1号墳(しみずやなぎきたいちごうふん)

清水柳北1号墳

清水柳北1号墳は、沼津工業団地一帯に所在していた清水柳北遺跡の発掘調査で確認された上円下方墳と呼ばれるものです。周囲を方形の溝に囲まれ、一辺約12m、高さ1mの方形下段の上に、直径約9m、高さ約1mの円形上段が造られており、全国的にも例の少ないものですが、元の位置に保存できなかったため、北西約200mの地点に復元されています。
出土した遺物などから8世紀初めの奈良時代のものと推定され、また石櫃(いしびつ:骨だけを入れる容器)の一部が発見されたことから、被葬者は火葬されたものと考えられますが、火葬骨をおさめたと思われる蔵骨器は発見されませんでした。

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会事務局文化振興課文化財センター

〒410-0873 沼津市大諏訪46-1
TEL:055-952-0844
FAX:055-952-6957
E-mail:cul-bunkazai@city.numazu.lg.jp

ページの先頭へ戻る