ここから本文です。

自立支援医療(更生医療・育成医療)

2019年3月14日更新

身体に障害のある人に対し、その障害を取り除いたり、軽減するための治療を受けた場合に、医療費の一部を助成する制度です。

医療の種類

更生医療

対象者
満18歳以上の対象疾病に関する身体障害者手帳を交付された方
対象医療
角膜移植術、白内障術、外耳道術、鼓膜穿孔術、人工関節、心臓手術、人工透析、腎移植術、口蓋形成術、肝移植術等

育成医療

対象者
満18歳未満の身体に障害のある児童
対象医療
肢体不自由・聴覚障害・視覚障害の一部、心臓・腎臓・呼吸器・肝臓機能障害、その他の虚弱体質等

原則として医療費の1割が自己負担となります。ただし、所得に応じ自己負担上限額があります。また、一定所得以上の方は助成の対象外となることがあります。

申請方法

治療開始前に申請が必要です。

更生医療

必要書類

  • 身体障害者手帳
  • 自立支援医療(更生医療)支給認定申請書
  • 認印(申請者本人のもの)
  • 更生医療に関する意見書(県または他都道府県の指定医療機関発行のもの)
  • 健康保険証
    • ※国保、後期高齢加入者は、世帯で同一保険に加入している人全員の分
    • ※生活保護受給者は生活保護受給証明書
  • 特定疾病療養受給者証(人工透析を受けている人のみ)
  • 個人番号(マイナンバー)がわかるもの
    • ※国保、後期高齢加入者は、世帯で同一保険に加入している人全員の分
    • ※社保等は、本人及び被保険者の分

育成医療

必要書類

  • 身体障害者手帳(所持者のみ)
  • 自立支援医療(育成医療)支給認定申請書
  • 認印(保護者のもの)
  • 育成医療に関する意見書(県または他都道府県の指定医療機関発行のもの)
  • 健康保険証
    • ※国保、後期高齢加入者は、世帯で同一保険に加入している人全員の分
    • ※生活保護受給者は生活保護受給証明書
  • 個人番号(マイナンバー)がわかるもの
    • ※国保、後期高齢加入者は、世帯で同一保険に加入している人全員の分
    • ※社保等は、本人及び被保険者の分

このページに関するお問い合わせ先

市民福祉部障害福祉課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4829
ファクス:055-934-2631
メールアドレス:syouhuku@city.numazu.lg.jp

Copyright © Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る