ここから本文です。

自動車税等減免

2019年3月14日更新

各種手帳の交付を受けると、条件に該当する場合、税の控除や減免を受けることができます。

(軽)自動車税・自動車取得税

次の障害に該当する人で、専ら障害者等のために使用(通学や通院等)する障害者本人名義の自動車(18歳未満、または18歳以上で成年後見を受けている身体障害者手帳所持者、療育手帳A所持者、精神障害者保健福祉手帳1級所持者は本人または生計同一者名義)について、自動車税及び自動車取得税(軽自動車含む)の減免が受けられます(障害者1人につき1台)。

対象障害

対象障害一覧
障害種別 障害者本人運転の場合
(各々の障害等級で判断)
生計同一者または常時介護者運転の場合
(障害が複数ある場合、総合等級で判断)
視覚障害 1級~3級及び4級の1 1級~3級及び4級の1
聴覚障害 2級・3級 2級・3級
平衡機能障害 3級 3級
音声機能障害 3級(喉頭摘出者に限る) 該当なし
上肢機能障害 1級・2級 1級・2級
下肢機能障害 1級~6級 1級~3級
体幹障害 1級~3級及び5級 1級~3級
運動機能障害上肢 1級・2級 1級・2級
運動機能障害移動 1級~6級 1級~3級
内部障害
(心臓・じん臓・呼吸器・小腸・ぼうこう又は直腸機能障害)
1級及び3級 1級及び3級
内部障害
(免疫・肝臓)
1級~3級 1級~3級
療育手帳 A A
精神障害者保健福祉手帳 1級 1級

減免となる税

自動車税及び自動車取得税

対象範囲
対象障害に該当する人が生業、通院、通学のために自動車を取得、所有する場合
(障害の種別・等級によっては家族等運転も含む)
窓口
  • 自動車税
    沼津財務事務所自動車税課 電話:055-920-2019
  • 自動車取得税
    沼津財務事務所自動車税分室 電話:055-966-0626

軽自動車税

対象範囲
対象障害に該当する人が生業、通院、通学のために自動車を取得、所有する場合
(障害の種別・等級によっては家族等運転も含む)
窓口
市民税課 電話:055-934-4734

  • ※減免の上限額は概ね自動車税は4万5,000円、自動車取得税は9万円です。上限額を超える税額は、本人負担となります。車両の年式、改造の有無等で異なる場合があります。

手続き方法

下記の持ち物を持参して、各窓口で手続きしてください。

障害者本人運転の場合

  • 障害者手帳
  • 障害者本人の運転免許証
  • 車検証(新たに取得する場合を除く)
  • 印鑑(認印)
  • 個人番号がわかるもの(個人番号カードまたは通知カードなど)
  • ※既減免車がある場合は、既減免車の抹消登録証明書又は名義変更後の車検証の写しが必要です。

生計同一者等の運転で減免を受ける方

  • 障害者手帳
  • 生計を一にする者または常時介護を行う者の運転免許証
  • 車検証(新たに取得する場合を除く)
  • 印鑑(認印)
  • 生計同一証明書または常時介護証明書(障害福祉課または東部健康福祉センターで発行)
  • 個人番号がわかるもの(個人番号カードまたは通知カードなど)
  • ※既減免車がある場合は、既減免車の抹消登録証明書又は名義変更後の車検証の写しが必要です。

生計同一証明書・常時介護証明書の発行について

障害福祉課で発行します。発行には以下のものが必要になります。

  • ※精神障害者の方は東部健康福祉センターで発行します。
  • 障害者手帳
  • 生計を一にする者の運転免許証
  • 車検証(新たに取得する場合を除く)
  • 印鑑(認印)(本人と来庁者が異なる場合は両名分)
  • 障害者本人と運転者を含む住民票(精神障害者の方のみ)
  • ※常時介護証明書を発行する場合、上記に加えて証明書(学校・病院・施設・会社等で証明)、誓約書、運行計画書の提出が必要です。

このページに関するお問い合わせ先

市民福祉部障害福祉課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4829
ファクス:055-934-2631
メールアドレス:syouhuku@city.numazu.lg.jp

Copyright © Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る