ここから本文です。

各種予防接種

2017年9月15日更新

予防接種の年間予定は「保健ガイドこども(PDF:226KB)保健ガイド成人(PDF:186KB)」でもお知らせしています。
対象者には個人発送をします。

予防接種の種類と接種時期

定期予防接種

予防接種の種類と接種時期
予防接種ワクチン名 沼津市での対象者 その他
ヒブ
(インフルエンザb菌)
1期初回 生後2か月~5歳に至るまでの間にある者 ・接種間隔を守るようにしましょう。
・接種期間が短い種類もありますので、早めに接種をしましょう。
1期追加 生後11か月~5歳に至るまでの間にある者
小児肺炎球菌
(13価)
1期初回 生後2か月~5歳に至るまでの間にある者
1期追加 1歳~5歳に至るまでの間にある者
B型肝炎 3回 生後2か月~1歳に至るまでの間にある者
BCG   生後3か月~1歳に至るまでの間にある者
四種混合
(百日せき・ジフテリア・破傷風・ポリオ)
1期初回 生後3か月~7歳6か月に至るまでの間にある者
1期追加 1歳6か月~7歳6か月に至るまでの間にある者
MR
(麻しん・風しん混合)  
1期 1歳~2歳に至るまでの間にある者
2期 5歳以上7歳未満で、小学校就学1年前の者
(年長児のこと)
水痘
(水ぼうそう)
  1歳~3歳に至るまでの間にある者
日本脳炎 1期初回 3歳~7歳6か月に至るまでの間にある者  
1期追加 4歳~7歳6か月に至るまでの間にある者
2期 9歳以上13歳未満の者
日本脳炎
(特例対象者)
1期・2期 平成19年4月1日以前に生まれた者で、20歳未満にある者
(ただし、2期は9歳以上の者)
詳細はこちら(PDF:66KB)
二種混合   11歳以上13歳未満の者  
子宮頸がん予防   中学1年生~高校1年生相当の年齢の者
※現在、積極的な接種を勧めていませんので、希望する場合はご連絡ください。
詳細はこちら(外部リンク)
※三種混合予防接種・ポリオ予防接種が終了していない場合は、ご連絡ください。
  • 接種券を紛失された場合は、再発行できますので保健センターにご連絡ください。
  • 長期にわたり療養を必要とする疾病にかかった者で定期接種の機会を逃した場合について(詳細はこちら(PDF:215KB))

上記定期予防接種医療機関一覧はこちら(PDF:856KB)
高齢者肺炎球菌  

1.65歳・70歳・75歳・80歳・85歳・90歳・95歳・100歳の者
2.接種日に満60歳から満64歳で、心臓・腎臓・呼吸器・免疫機能に障害があり、日常生活が極度に制限される者(身体障害者1級程度)

【平成29年度対象者と説明書】今年度の対象者及び実施医療機関はこちら

【接種期間】
平成29年4月1日~平成30年3月31日までの有効期限
※今後の対象者の詳細はこちら(PDF:404KB)

 
インフルエンザ
(季節性)
  満65歳以上の者
詳細はこちら(PDF:1,140KB)

沼津市指定の医療機関以外で接種を希望する方

県内の医療機関で定期予防接種を希望する場合

定期予防接種を、里帰り出産、かかりつけ医が市外にある、やむを得ない事情等により沼津市の指定医療機関では接種できなく、県内の医療機関にて接種する場合、依頼書を以って、接種費用が無料で接種できます。
(県内の医療機関は、県と県医師会が委託契約していることから、沼津市の市民は沼津市の委託料で接種できるものです。)

  • 手続きの流れ
  • 保健センターに電話にて申請する。
  • 保健センターは「予防接種依頼書」と予診票を交付する。
    ・沼津市の接種券(依頼書と交換)及び母子健康手帳(子どものみ)を持って来所する。
  • 申請者は、予防接種の依頼書と予診票及び母子健康手帳(子どものみ)を持って医療機関にて接種する。
    ・接種料金は、全額公費負担(接種医療機関での支払いはない。ただし、インフルエンザおよび高齢者肺炎球菌については、一部自己負担あり。)
  • 接種後、医療機関から保健センターへ接種料金の請求がある。

県外の医療機関で定期予防接種を希望する場合

定期予防接種を、里帰り出産等で長期にわたり県外に滞在する場合や、やむを得ない事情等により沼津市の指定医療機関では接種できなく、県外の医療機関にて接種する場合、接種費用の全部または一部を上限の範囲内で助成します。
(上限は各予防接種により変わります)

  • 手続きの流れ
  • 保健センターに「沼津市定期予防接種依頼申請書」を提出する。
  • 保健センターは「沼津市定期予防接種依頼申請書」を確認した後、申請者に「沼津市定期予防接種実施決定通知書」と「沼津市定期予防接種実施依頼書」を交付する。
  • 申請者は、予防接種の依頼書と予診票及び母子健康手帳(子どものみ)を持って医療機関にて接種する。
    • ※予防接種依頼書を提出することにより、接種医療機関は定期接種とし接種ができる。
    • ※接種料金は、医療機関が定める費用を全額支払う。(接種後、接種料金の助成申請を行う。)
  • 接種後、保健センターへ「沼津市定期予防接種費助成申請書」・「予診票」・「母子健康手帳」・「領収書」を提出する。
    • ※申請期間は、接種後から1年間となる。
  • 助成金の支払い
    「沼津市定期予防接種費助成申請書」と添付書類を精査し、助成額を口座に振り込む。(申請から概ね2か月後に入金される。)
    <助成額の例>
    沼津市のAの予防接種が10,000円である場合
    ア 自己負担で8,000円支払った場合は、助成額8,000円となる。
    イ 自己負担11,500円支払った場合は、助成額10,000円となる。(1,500円は自己負担)

行政措置予防接種

高齢者肺炎球菌(定期接種の対象者以外の者も、条件により一部公費負担にて接種できます。)

任意予防接種

任意予防接種は、全額自己負担にて接種になります。
また、任意予防接種を受けて健康被害が生じた時は、定期予防接種と違い「独立行政法人医薬品医療機関総合機構法」による「医薬品副作用被害救済制度」に基づいた救済になります。任意接種は、救済補償額が定期予防接種より低いため、同程度の補償ができるように沼津医師会と契約を結び行っております。任意の予防接種実施医療機関一覧表はこちら(PDF:125KB)

休日予防接種券交付

臨時で保健センターの窓口を次のように開設します。
定期予防接種の接種券の交付や予防接種についての相談受付を行います。
なお、保健センターでは予防接種は受けられません。

《日程》
平成29年7月1日(土曜日)8:30~12:00まで
平成29年7月2日(日曜日)8:30~12:00まで
平成29年12月2日(土曜日)8:30~12:00まで
平成30年2月24日(土曜日)8:30~12:00まで

(全ての日程で、戸田分館では実施しません。)

※母子健康手帳をお忘れなくお持ちください。

お問い合わせ

健康づくり課 TEL:055-951-3480

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Acrobat Reader

このページに関するお問い合わせ先

市民福祉部健康づくり課

〒410-0881 静岡県沼津市八幡町97
TEL:055-951-3480
FAX:055-951-5444
E-mail:kenkou@city.numazu.lg.jp

Copyright ® Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る