音声で読み上げる

文字の大きさ

  • 小
  • 標準
  • 大

色合い

  • 標準
  • 青背景に黄色
  • 黄色背景に黒
  • 黒背景に黄色
  • 沼津市トップ

2021年4月1日更新

ここから本文です。

不妊・不育症治療費助成

沼津市では、一般不妊治療(人工授精・タイミング療法・薬物療法等)、特定不妊治療(体外受精・顕微授精)、特定不妊治療におけるTESE(精巣内精子採取術)・MESA(顕微鏡下精巣上体精子吸引術)等の男性不妊治療、不育症治療について助成をしています。

令和3年度受付分

  • 令和3年4月1日~令和4年3月31日の間に治療を終了したもの
  • 令和3年1月~令和3年3月に治療を終了したもので、治療を終了した日から90日以内のもの
    • ※90日を過ぎたものは受け付けていません
  • 令和3年1月以降に終了した治療に係る申請より所得制限撤廃となりました。

1.対象となる方

下記の(ア)~(オ)のすべてにあてはまる方が対象です。

(ア)戸籍上夫婦で、夫婦の両方又は一方が沼津市に住民登録があること
  • ※治療開始日において婚姻していない場合は対象となりません。
  • ※申請日に沼津市の住民であること。沼津市在住中の治療分であっても、夫婦の両方が市外に転出された場合は受付できません。
(イ)治療期間の初日における妻の年齢が43歳未満であること
  • ※「沼津市不妊・不育症治療受診等証明書」に記載のある、今回の治療開始日時点の年齢です。
  • ※夫の年齢制限はありません。
(ウ)第1子又は第2子の治療であること

(エ)医療保険に加入していること

(オ)通算申請年度数が、令和3年度で、5年目までであること

2.助成の内容

助成金額

国内の医療機関で受けた治療費の2分の1の額(保険診療含む)で、一夫婦につき上限年30万円です。静岡県特定不妊治療費補助金等の交付を受けた場合は、県の補助金を差し引いた額で計算します。 県の補助金も受給される方は、先に県に申請をしてから保健センターへお越しください。
一度の申請で上限30万円に満たない場合、残りの額を申請することができます。その場合は、必ず当該年度内(3月31日まで)に申請してください。 4月1日以降に申請すると、翌年度分の助成対象となりますのでご注意ください。(申請日の属する年度が助成対象となります)

  • ※文書料・テキスト代・凍結管理料(保管料)・食事代・リネン類代等、病院や医師の判断による、治療に直接関係のないものは、治療の費用から除外されます。
助成金の支給例
治療費 県補助金 支給額
40万円 なし 20万円
60万円 なし 30万円
100万円 なし 30万円
60万円 15万円 22万5千円

支給期間

通算5年間

  • ※1年間=1年度(4月1日から翌年3月31日まで)です。年度が連続している必要はありません。

(例)平成30年度と令和2年度に申請をした場合は、通算申請年度数は2年。(令和元年度は含まれません)

  • ※年度内の申請回数の上限はありません。1年度の上限金額30万円に達した時点で、その年度の申請は終了となります。

3.申請に必要なもの

下記の(ア)~(キ)が必要です。(ア)(イ)(ウ)の様式は、下記のリンク先からダウンロード又は保健センターでお渡ししています。

(ア)沼津市不妊・不育症治療費助成金支給申請書(第1号様式)
  • ※必ず記入例を見ながらご記入ください。
(イ)沼津市不妊・不育症治療受診等証明書(第2号様式)
  • ※医療機関に依頼してください。なお、文書作成に係る費用に関しては、直接医療機関にお尋ねください。(助成対象にはなりません)
    医療機関に証明書を依頼する際、作成に時間がかかる場合がございますので、早めの依頼をお願いします。
(ウ)沼津市不妊・不育症治療費助成金請求書(第4号様式)
  • ※必ず記入例を見ながらご記入ください。
(エ)戸籍の全部事項証明書
(日本国籍を有しない者にあっては、住民票の写し及び公の機関が発行する婚姻を証明する書類)
  • ※本籍地の市区町村で発行されます。
(オ)医療機関発行の領収書
  • ※申請証明のスタンプを押印するため、本書をご持参ください。申請受付後、その場で返却します。
(カ)静岡県特定不妊治療費補助金等の交付を受けた場合、支給決定通知書の写し
  • ※県から通知書が届いていない場合は、通知書受理後に提出してください。
(キ)印鑑
  • ※シャチハタ印等、インク内蔵式のタイプは不可。訂正印が必要になる場合がありますので、ご持参ください。

4.申請期限(重要)

治療が終了した日の属する年度内(4月1日から翌年3月31日まで)です。必要書類をそろえて沼津市保健センター2階健康づくり課へ提出してください。
申請期限を過ぎると申請できなくなりますのでご注意ください。

治療が終了した日とは

原則、妊娠の有無を確認した日、又は医師の判断によりやむを得ず治療を終了した日を指します。

  • ※2月と3月は窓口が大変混み合います。治療終了後、お早めにご申請ください。
  • ※上記のとおり、各年度の3月31日が申請期限ですが、1月~3月に治療が終了したもので、当該年度内の3月31日までに申請書類等が提出できない場合は、治療終了日から90日以内であれば、4月1日以降でも申請することができます。 ただしこの場合は、翌年度分の助成対象となりますのでご注意ください。(申請日の属する年度が助成年度となります)
申請期限例
申請をする日 助成対象
令和3年3月まで 令和2年度分
令和3年4月~令和4年3月まで 令和3年度分

5.助成金交付までの流れ

  • ※県にも申請される場合、先に県で手続きをしてください。
  1. 必要な書類を沼津市保健センター健康づくり課へ直接提出 令和3年度の提出期限:令和3年4月1日から令和4年3月31日まで(土曜日・日曜日・祝日を除く)
  2. 健康づくり課で審査し、申請の翌月末までに支給決定通知書を郵送します。
    • ※支給予定日も併せてお知らせします。
  3. 指定振込先に、助成金を入金します。

6.その他

「静岡県不妊・不育専門相談センター」では、不妊・不育症に関して、専門の相談員による相談・情報提供を行っています。(専門医による面接相談は要予約)

このページに関するお問い合わせ先

市民福祉部健康づくり課

〒410-0881 静岡県沼津市八幡町97
電話:055-951-3480
ファクス:055-951-5444
メールアドレス:kenkou@city.numazu.lg.jp