ここから本文です。

沼津御用邸記念公園(ぬまづごようていきねんこうえん)

2016年4月1日更新

沼津御用邸記念公園

沼津御用邸(ぬまづごようてい)は、明治26年に当時(とうじ)の皇太子(こうたいし)(大正天皇(たいしょうてんのう))のご静養(せいよう)のために造られました。明治、大正、昭和の三代77年間にわたって歴代(れきだい)の天皇陛下(てんのうへいか)、皇后陛下(こうごうへいか)、皇太子殿下(こうたいしでんか)がご利用され、昭和44年に廃止(はいし)されました。

その後、沼津御用邸公園(ぬまづごようていきねんこうえん)として市民の憩(いこ)いの場となっていましたが、平成に入(はい)って皇孫殿下(こうそんでんか)(昭和天皇)の御用邸(ごようてい)として造られた西附属邸(にしふぞくてい)や、皇孫殿下(こうそんでんか)の御学問所(ごがくもんじょ)だった東附属邸(ひがしふぞくてい)の改修工事(かいしゅうこうじ)を行いました。現在は、当時の皇族(こうぞく)の暮(く)らしぶりを知ることができる場所として、全国(ぜんこく)から来園者(らいえんしゃ)が集まっています。

このページに関するお問い合わせ先

企画部広報課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4839
ファクス:055-935-1560
メールアドレス:kouhou@city.numazu.lg.jp

Copyright © Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る