ここから本文です。

アスルクラロ沼津の活動

2021年4月1日更新

アスルクラロ沼津のこれまで

アスルクラロ沼津は幼稚園でのサッカー教室からスタートし、2020年に1990年の法人設立から30周年を迎えた市民クラブです。
各種スポーツスクールを運営する一般社団法人アスルクラロスポーツクラブはサッカーだけでなくテニスや新体操、チアリーディング、陸上などさまざまな種目を展開し、多くの子供たちのスポーツの場となっています。2017年、同法人はスポーツ庁の認定する「総合型地域スポーツクラブ」に登録されています。
同じく2017年にはアスルクラロ沼津トップチームがJリーグに参入し、静岡県東部初のJリーグチームとなっています。
一方、法人設立後の早い時期から障害者サッカーを始めとしたさまざまなホームタウン活動を続けており、2019年からは地域のさまざまな主体と連携しながら地域に新たな価値を作っていく『Jリーグ社会連携活動(通称:シャレン)』に取り組んでいます。

まちづくり・賑わいづくり・地域づくりのための相互協力体制

2017年4月、沼津市はアスルクラロ沼津トップチームの運営会社であるアスルクラロスルガ株式会社と相互の包括的な連携のもと両者の資源を有効に活用し地域の発展につなげることを目指したパートナーシップ協定を締結しました。
2019年7月には、アスルクラロスルガ(株)及び(一社)アスルクラロスポーツクラブは沼津市自治会連合会と各者の資源を有効活用し地域振興につなげることを目指したパートナーシップ協定を締結しました。
また、2020年3月には、沼津市老人クラブ連合会(すこやか沼津)とスポーツを通じた生きがいづくりや健康づくりなどの面で一層の連携を進めるためパートナーシップ協定を締結しています。

  • 沼津市との協定締結式の様子

    沼津市との協定締結

  • 沼津市自治会連合会との協定締結セレモニーの様子

    沼津市自治会連合会との協定締結セレモニー

  • 沼津市老連との協定締結式の様子

    沼津市老連との協定締結

ホームタウン活動・社会連携活動(通称:シャレン)の紹介

 

アスルクラロ沼津は法人設立以後、障害者サッカー教室や学校訪問、地域行事への参加、ボランティア活動等のさまざまなホームタウン活動を続けており、2019年からはさまざまな団体と連携しながら地域に新たな価値を作っていく『Jリーグ社会連携活動(通称:シャレン)』に取り組んでいます。
特に力を入れているのが、地域防災の取り組みと障害者スポーツの受け皿づくりです。
アスルクラロ沼津によるホームタウン活動、社会連携活動の紹介はこちら

沼津市はアスルクラロ沼津の活動パートナーとしてさまざまな団体、企業とのマッチングや企画協力等を行っています。

  • 2019年11月、沼津特別支援学校愛鷹分校の生徒さんと選手によるフィールドワークの様子

    2019年11月、沼津特別支援学校愛鷹分校の生徒さんと選手によるフィールドワーク

  • 2019年に発足したアスルクラロ沼津・障害者サッカーチーム「アスルクラロジャンプ」プレーの様子

    2019年に発足したアスルクラロ沼津・障害者サッカーチーム「アスルクラロジャンプ」

  • 2005年に発足した自閉症者サッカー教室「eつばさサッカースクール」でプレーの様子

    2005年に発足した自閉症者サッカー教室「eつばさサッカースクール」

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Acrobat Reader

このページに関するお問い合わせ先

産業振興部ウィズスポーツ課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4843
ファクス:055-931-7551
メールアドレス:sports@city.numazu.lg.jp

Copyright © Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る