ここから本文です。

限度額適用認定証について

2021年4月1日更新

療養を受ける際、限度額適用認定証を医療機関へ提示することにより、1か月(暦月)の窓口負担が次表の自己負担限度額までとなります。

申請場所

沼津市役所国民健康保険課

  • ※郵送でも申請できます。申請書を下記からダウンロードし、印刷、記入の上、国民健康保険課へ郵送してください。

申請に必要なもの

  • 本人の保険証
  • 申請者及び対象被保険者のマイナンバーが確認できる書類
  • 申請者(世帯主)の本人確認書類

負担区分 (平成27年1月改正)

70歳未満の人の場合
区分 記号 所得要件 自己負担限度額
上位所得 旧ただし書所得901万円超 252,600円+(総医療費-842,000円)×1%
※多数回該当140,100円
上位所得 旧ただし書所得600万円~901万円以下 167,400円+(総医療費-558,000円)×1%
※多数回該当93,000円
一般 旧ただし書所得210万円~600万円以下 80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
※多数回該当44,400円
一般 旧ただし書所得210万円以下 57,600円
※多数回該当44,400円
低所得 住民税非課税 35,400円
※多数回該当24,600円
  • 国民健康保険料に滞納がある場合は、認定証の交付ができません。
  • 非課税世帯の方は、食事の減額認定証も兼ねます。
70歳以上75歳未満の人の場合
区分 記号 所得要件 窓口負担割合 自己負担限度額(外来・入院)
現役並所得者 現3 課税所得690万円以上 3割 252,600円+(総医療費-842,000円)×1%
※多数回該当140,100円
現役並所得者 現2 課税所得380万円以上690万円未満 3割 167,400円+(総医療費-558,000円)×1%
※多数回該当93,000円
現役並所得者 現1 課税所得145万円以上380万円未満 3割 80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
※多数回該当44,400円
一般 課税所得145万円未満 2割 外来:18,000円(注1)
入院:57,600円 ※多数回該当44,400円
低所得2低2 住民税非課税 2割 外来:8,000円
入院:24,600円
低所得1 低1 住民税非課税(所得が一定以下) 2割 外来:8,000円
入院:15,000円

(注1)8月1日から翌年7月31日の年間限度額は144,000円です。

現役並み所得者3(課税所得690万円以上の方)、一般(課税所得145万円未満の方)は、療養を受ける際、「限度額適用認定証」は必要ありません。
現役並み所得者2、現役並み所得1の方は「限度額適用認定証」、また低所得2、低所得1の方は「限度額適用・標準負担額減額認定証」が、療養を受ける際に必要になります。

このページに関するお問い合わせ先

市民福祉部国民健康保険課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4725
メールアドレス:kokuho@city.numazu.lg.jp

Copyright © Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る