ここから本文です。

令和3年度市民税・県民税申告について

2021年3月3日更新

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、国税庁から所得税の確定申告期限を令和3年4月15日(木曜日)まで1か月延長するとの発表がありました。
本市としても同様に、市民税・県民税の申告期限を令和3年4月15日(木曜日)まで1か月延長し、申告を受け付けることとします。

令和2年1月1日から12月31日までに生じた所得について、令和3年1月1日現在、沼津市に居住していた人は沼津市へ申告することとなります。申告した内容は、令和3年度の市民税・県民税の課税基礎となるほか、国民健康保険料や介護保険料の算定、医療及び福祉給付等の様々な行政サービスの基礎資料になります。
また、所得証明書 ・課税証明書等 ・各種証明書もこの申告に基づいて発行されます。したがって、令和2年中に所得がなかった方も申告が必要になる場合があります。
申告書に記入し、必要な書類を添付の上、4月15日(木曜日)までにしてください。申告は、郵送でも受け付けております。

令和2年度分より市民税・県民税の税額試算と申告書の作成ができるようになりました。詳細は「市民税・県民税の税額試算と申告書の作成ができます」 をご覧ください。

  • ※令和3年度の市民税・県民税の税額試算と申告書の作成は令和3年1月15日(金)よりご利用できます。

令和3年度から適用される個人の市・県民税の主な税制改正についてはこちらをご覧ください。

市民税・県民税の申告が必要な人

令和3年1月1日現在、沼津市に居住し、次のいずれかに該当する人

  • 市役所から市民税・県民税申告書が送られてきた人で、所得税の確定申告をしない人
  • 令和2年中の課税所得があるが、所得税の確定申告の必要がない人(給与所得以外の所得が20万円以下の人など)
  • 公的年金等の受給者で、国民健康保険料や生命保険料などの控除を申告する人
  • 国民健康保険に加入している人で、他の人の扶養になっていない人
  • 令和2年中の課税所得はないが、所得証明や課税証明書(非課税含む)等を必要とする人

ただし、次の人は市民税・県民税の申告は必要ありません。

  • 所得税の確定申告をする人
  • 給与所得のみの方で、勤務先において年末調整を受けた人
  • 市民税・県民税が徴収されている配当所得又は株式等譲渡所得のみの人

申告に必要なもの

  • 印鑑 (認め印可)
  • 個人番号確認書類及び身元確認書類
  • 令和2年中の所得を証明できるもの
    ・給与所得の源泉徴収票
    ・公的年金等の源泉徴収票
    ・収支内訳書 等
  • 令和2年中の所得控除が証明できる書類
    ・社会保険料等の領収書や支払証明書
    ・生命保険料・地震保険料・国民年金保険料等の控除証明書
    ・障害者手帳、療育手帳、学生証等(コピー可)
    ・医療費控除もしくはセルフメディケーション税制の明細書(領収書は不可)および一定の取り組みを行ったことを明らかにする書類(例:特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診査、がん検診など)
    • ※令和3年度の申告から明細書のみでの受付になります。領収書での受付はできませんのでご注意ください。明細書の内容(医療を受けた人の氏名・病院等の支払先の名称・支払った医療費の額・補てんされる金額等)が記載されていれば規定の様式以外でも構いません。
    • ※平成30年度からセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)が始まりました。 詳しくは国税庁ホームページをご覧ください。
  • 確定申告書控えの写しと市民税・県民税付表(上場株式等の配当所得および譲渡所得について、所得税と異なる申告を選択する場合)

郵送提出について

市民税・県民税は郵送で申告することができます。新型コロナウイルス感染リスクの軽減及び申告会場の混雑を避けるため、可能な限り郵送での提出をお願いします。郵送で提出される際は、以下の点にご注意ください。

  • 記入の際は「市民税・県民税申告の手引き」をご参照ください。
  • 添付書類(原則原本)を同封してください。
    • ※添付書類の同封がなく、内容が確認できないときは、控除の適用や申告の受付ができない場合があります。
  • 本人確認書類(写し)を同封してください。
  • 連絡先を必ずご記入ください。
    • ※内容について確認が必要なときに、職員からご連絡させていただく場合があります。

令和3年度市民税・県民税申告の出張受付日程

令和3年度市民税・県民税の申告を下記の日程で受け付けます。(所得税の確定申告をする人は、市民税・県民税の申告は必要ありません。)
各地区センターの初日(午前中)と沼津市役所(庁舎1階多目的スペース)での申告開始一週間については、非常に混雑することが予想されます。新型コロナウイルス感染防止対策のため、混雑期を避けての申告にご協力をお願いいたします。

令和3年度 市民税・県民税申告の受付日程
とき ところ
1月26日(火曜日) 片浜地区センター
1月27日(水曜日) 片浜地区センター
1月28日(木曜日) 大岡地区センター
1月29日(金曜日) 大岡地区センター
2月2日(火曜日) 戸田地区センター(くるら戸田)
大平地区センター
2月3日(水曜日) 金岡地区センター
2月4日(木曜日) 金岡地区センター
2月5日(金曜日) 静浦地区センター
内浦地区センター
西浦地区センター
2月9日(火曜日) 愛鷹地区センター
2月10日(水曜日) 浮島地区センター
2月16日(火曜日) 原地区センター
2月17日(水曜日) 原地区センター
2月18日(木曜日)~ 3月15日(月曜日) 沼津市役所(1階多目的スペース)

受付時間

  • 各地区センター:9時30分~16時
    内浦地区センター:9時30分~11時30分
    西浦地区センター:13時30分~16時
  • くるら戸田(戸田地区センター):10時~15時
  • 沼津市役所1階多目的スペース:9時~17時

  • ※2月18日(木曜日)~3月15日(月曜日)の沼津市役所での受付は1階多目的スペースになります。ご協力ください。
    (土曜日・日曜日・祝日は閉庁となります)
  • ※3月16日以降の申告は沼津市役所2階市民税課にて受け付けますが、税額計算が普通徴収第1期(令和3年6月中旬)、年金特別徴収本徴収(令和3年10月)に間に合わない場合があります。

申告会場における新型コロナウイルスの感染防止について

申告会場では、新型コロナウイルスの感染防止対策を実施いたします。来場される方は、以下の対策にご協力をお願いします。

  • 37.5℃以上の発熱や咳などの風邪の症状がある場合は入場をお断りします。
  • 入場の際はマスクを着用し、検温・手指消毒をお願いします。
  • 会場の混雑状況によって入場制限等を行う場合があります。
  • 混雑する時間帯を避けて来場してください。
  • ご来場の際は、できる限り少人数でお越しください。

市民税・県民税の税額試算と申告書の作成ができます

ここでは、給与や年金の源泉徴収票の内容や所得の状況などを入力することで、個人の市民税・県民税の税額の試算や申告書の作成ができます。
また、作成した申告書に署名捺印のうえ、必要書類を添えて持参または郵送にて提出することにより、申告を済ませることができます(電子メールやデータ送信による提出はできません)。

利用上の注意点

  • 申告の控えが必要な方は、作成した申告書をコピーするか2部出力し、1部を保管してください。
  • 分離課税(土地建物・株式の譲渡、上場株式の配当等)の所得につきましては、出力される申告書には反映されませんので、税額の試算のみご利用ください。
  • 所得税の確定申告は作成できません。
  • 令和3年度(令和2年中の収入)の試算及び申告に対応しています。

寄附金控除(ふるさと納税)の目安について

自己負担額2,000円を除いた全額が控除されるふるさと寄附金(納税)額(以下「上限額」といいます)を試算することができます。
上限額の試算結果については、「税額試算結果」下部の「税額試算の内訳」中、「寄附金税額控除」欄にある「自己負担額2,000円を除いた全額が控除されるふるさと納税額の目安」をご確認ください。

  • ※寄附金税額控除は、寄附を行った年の収入、所得及び控除に基づいて控除額が算出され、その翌年度の市民税・県民税から控除される制度です。
    ここでは、選択した年度分の市民税・県民税の税額を試算し、その税額をもとに上限額を試算するため、実際の控除額とは異なる場合がありますので、試算結果はあくまでも目安としてください。

ふるさと納税を行った方へ

令和2年中にふるさと納税のワンストップ特例の申請をした人が、市民税・県民税申告や確定申告を行った場合(医療費控除等による場合も含む。)、ワンストップ特例の申請は無効となり、申告特例控除額は適用されません。 ワンストップ特例の申請をした人が、医療費控除等の控除の追加や所得の申告などにより、市民税・県民税申告や確定申告をしなければならなくなった場合は、あわせて寄附金の申告も行う必要がありますのでご注意ください。 

  • ※確定申告される場合は、必ず申告書第二表の「住民税に関する事項」の「寄附金税額控除」欄に記載してください。記載が無い場合は控除対象外となります。その場合は市民税・県民税申告を併せて行う必要があります。

個人番号(マイナンバー)の記載について

平成29年度より市民税・県民税申告に個人番号(マイナンバー)の記載が必要になりました。
個人番号が記載された申告書や申請書を提出する場合は、番号法の規定に基づき以下の番号確認及び本人確認が必要です。

本人が提出の場合

本人が提出の場合は、個人番号カードの有無で確認方法が異なります。

  • 個人番号カードをお持ちの方
    個人番号カード1枚で本人確認(番号確認と身元確認)が可能です。
  • 個人番号カードをお持ちでない方
  • 個人番号カードをお持ちでない方の必要な確認書類 個人番号の記載された源泉徴収票 個人番号の記載された住民票の写し 通知カード などのうちいずれか1点+身元確認書類 運転免許証 パスポート 健康保険証 年金手帳 在留カード 身体障碍者手帳、療育手帳 などのうちいずれか1点 (注意事項)通知カードは記載事項( 住所、氏名 等)が住民票の記載内容と一致している場合に限り利用可能です 。詳しくは通知カードの廃止について(令和2年5月25日)をご覧ください。

郵送での提出も受け付けております。 その場合は確認書類の写し(個人番号カードは両面の写し)を添付してください。

代理人が提出の場合

代理人が本人に代わり提出する場合には、次にあげる確認書類が必要です。
代理人が住民登録上、同世帯ではない場合には代理権の確認書類が必要です。

代理人が提出の場合に必要な確認書類 本人の番号確認書類+代理人の身元確認書類+代理権の確認書類(※)

(※)代理権の確認書類 以下のうちいずれか1点

  • 本人からの委任状
  • 戸籍謄本
  • 資格を証明する書類
  • 税理士代理権限証明書

郵送での提出も受け付けております。 その場合は確認書類の写し(個人番号カードは両面の写し)を添付してください。

申告書様式について

過年度の申告について

令和2年度以前の過年度の申告については、市民税課にお問い合わせください。

確定申告についてはこちらをご覧ください

公的年金等所得者に係る確定申告不要制度について

公的年金等の収入金額の合計額が400万円以下で、その他の所得金額が20万円以下である場合には、所得税の確定申告の必要はありませんが、その場合でも市民税・県民税の申告が必要な場合がありますので、ご注意ください。また、所得税の還付を受ける為には確定申告が必要です。

問い合わせ・提出先

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
沼津市役所 財務部市民税課 電話:055-934-4735、055-934-4736

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Acrobat Reader

このページに関するお問い合わせ先

財務部市民税課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4735
ファクス:055-932-1788
メールアドレス:siminzei@city.numazu.lg.jp

Copyright © Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る