ここから本文です。

関連道路整備事業

2018年3月6日更新

関連道路整備事業について

駅周辺地区における交通の円滑化、歩行者の安全確保、良好な環境・景観の形成などを目指し、鉄道高架化とあわせて幹線道路を整備するとともに、高架下の空間を利用し南北方向の歩行者・自転車通路の整備を行います。
以下の通りの関連道路の整備が進んでいます。

A:「三枚橋岡宮線」は、東名・新東名高速道路及び東駿河湾環状道路の広域交通と西伊豆方面を結ぶ南北の主要な幹線道路です。
三つ目ガードから北側では、将来の線路の高さに合わせた整備を進めています。

B:「七通線」は、駅北地区と大岡地区を東西方向に結ぶ道路です。
プラサヴェルデ前では整備が終わり、鉄道高架完成後に大岡地区とつながります。

C:「三枚橋錦町線」は、駅南地区と主要幹線道路を東西方向に結ぶ道路です。
白銀町及び大手町地区では整備が終わり、現在、沼津駅南土地区画整理事業区域内の整備を進めています。

D:「片浜西沢田線」は、国道1号線と県道三島富士(旧国道1号)を南北に結ぶ道路です。
現在、用地取得を進めています。

関連道路整備計画図

関連道路整備計画図

A:三枚橋岡宮線(国道414号:三つ目ガード北)

A:三枚橋岡宮線(国道414号:三つ目ガード北)道路風景

B:七通線(プラサヴェルデ前)

B:七通線(プラサヴェルデ前)道路風景

C:三枚橋錦町線(白銀町地区)道路写真

C:三枚橋錦町線(白銀町地区)道路風景

D:片浜西沢田線予定地(小諏訪地区)

D:片浜西沢田線(小諏訪地区)予定地風景

高架側道整備事業について

第五南地区から大岡地区においては、鉄道高架化予定地周辺の高架側道整備事業を進めています。

鉄道高架と日照の関係を表したイメージ図

高架側道とは、高架構造物による日陰対策など、環境上必要な空間の確保と、沿線地区内における交通の利便性の向上を図るために設置する道路です。

なお、高架側道1号線から5号線の5路線と、高架側道6号線及び10号線の一部については、土地区画整理事業により整備し、それ以外の高架側道については街路事業により整備していきます。


  • ※鉄道高架と日照の関係を表したイメージです。

高架側道位置図

高架側道位置図(1号線~10号線)

このページに関するお問い合わせ先

沼津駅周辺整備部推進課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4768
ファクス:055-934-2310
メールアドレス:suishin@city.numazu.lg.jp

Copyright ® Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る