ここから本文です。

四ツ塚古墳群(よつづかこふんぐん)

2017年4月26日更新

四ツ塚古墳群 地図

四ツ塚古墳群は、横穴式石室をもつ4基の近接した小円墳から成る古墳群で、さらに南方にもう1基の小円墳も残存しており、合計5基の所在が確認されている。少し離れて東方の住宅地の林の中にも、石室が露出した古墳が残されている。これらの古墳は、今から約1,300年前に築造された、この地域の有力者の墓である。

富士通沼津工場の建設により壊される予定だったが、貴重な文化財であるため、保存について理解が得られ、そのまま現地に保存されることになった。石室の保護のために墳丘盛土も復元されている。ただ、未調査のため、墳丘の規模や内部の様子、副葬品などの詳細は不明のままである。

  • 四ツ塚古墳群
  • 四ツ塚古墳群 案内板
    四ツ塚古墳群 案内板

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会事務局文化振興課文化財センター

〒410-0873 沼津市大諏訪46-1
電話:055-952-0844
ファクス:055-952-6957
メールアドレス:cul-bunkazai@city.numazu.lg.jp

Copyright ® Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る