ここから本文です。

燦々ぬまづ大使

2017年9月11日更新

沼津市では、沼津にゆかりのある各界の著名人に「燦々ぬまづ大使」へのご就任をお願いし、様々な場で沼津の魅力を広くPRしていただいています。

第25期(平成29年度~平成30年度)

燦々ぬまづ大使一覧
名前 肩書 プロフィール
松本弥生さんの写真
松本弥生さん
競泳選手、タレント 沼津市出身。(株)リトルトウキョウプロダクション所属。5才から水泳を始め、高校2年時には全国総体優勝。その後も国際大会を経験し、オリンピックには二度出場。 ロンドンオリンピックでは、400メートルフリーリレーで7位入賞し、44年振りの決勝進出を果たす。リオオリンピックでは8位入賞。
同大会で長年のライバルの引退コメントに対し、本人は「9割筋肉」とコメントし話題を呼んだ。現在は、現役でもあり、多方面でタレント・解説・イベント等でも活躍中である。
三遊亭朝橘さんの写真
三遊亭朝橘さん
落語家 沼津市出身。加藤学園暁秀高等学校から筑波大学卒業後、平成17年1月、六代目三遊亭円橘に入門し「橘也」と命名され前座となる。
平成20年9月、前座修行を終え、二ッ目昇進。
平成29年4月、真打に昇進し、「三遊亭朝橘(さんゆうていちょうきつ)」と改名する。
平成21年9月に「三遊亭橘也ぬまづ後援会」(昇進後は三遊亭朝橘ぬまづ後援会に改称)を発足し、年に二回、沼津で後援会主催の独演会を開催している他、市内を中心に県内企業やお寺、学校などでの公演を精力的に続けている。
Aqours(アクア)のイラスト
Aqours
(アクア)
アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」のスクールアイドル 新しい「みんなで叶える物語」をキーワードにオールメディア展開するスクールアイドルプロジェクト。
静岡県沼津市・内浦で生まれたスクールアイドルグループ「Aqours」による、アニメーションPV付音楽CDリリースの他、イベント、雑誌、スマートフォン向けアプリ、webラジオなど、様々なメディアを巻き込んだ展開を行っている。
2015年4月、電撃G'sマガジンを皮切りにプロジェクト始動。2016年7月よりTVアニメが放送され、2017年2月25日、26日に横浜アリーナでAqours初のワンマンライブを開催。国内、海外において精力的に活動している。
また、2017年秋にはTVアニメ2期の放送が決定している。

第24期(平成27年度~平成28年度)

燦々ぬまづ大使一覧
名前 肩書 プロフィール
YANAGIMANさんの写真
YANAGIMANさん
音楽プロデューサー 鹿児島県出身。ボストンへ留学。帰国後は音楽活動の拠点として福岡へ。国内外の歌手への楽曲提供や楽曲編曲を手掛け、様々な音楽賞を受賞する。 静岡県東部発のアイドルユニット「オレンジポート&アーツ」をプロデュースし、フランスで開催される「Japan Expo」への2年連続でのオレンジポートの出展、行政とは異なる自由な発想で沼津のシティープロモーションを展開していく「ぬまづプロデュース課」の課長に平成27年4月から就任するなど、精力的に国内外へ沼津を発信している。
第23期(任期:平成25年度~平成26年度)からの再任。
遠藤謙さんの写真
遠藤謙さん
写真提供 Sony CSL
ロボット工学者、
義足エンジニア
沼津市出身。慶應義塾大学大学院修士課程修了後、マサチューセッツ工科大学にて、人間の身体能力の解析や下腿義足の開発に従事し、平成24年博士号を取得。現在は、ソニーコンピュータサイエンス研究所研究員として、ロボット技術を用いた身体能力の拡張に関する研究や途上国向けの義肢開発に携わる。 また、平成26年には世界陸上銅メダリスト為末大さんらと(株)Xiborgを起業し、代表取締役に就任。最先端の技術を盛り込んだ競技用義足を開発して2020年東京パラリンピックをターゲットにメダリストの育成を目指している。 平成24年にMITが出版する科学雑誌Technology Reviewが選ぶ35才以下のイノベータ35人(TR35)に選出されるとともに、平成26年には世界経済フォーラムのヤンググローバル・リーダーズに選出された。
トレンディエンジェルさんの写真
トレンディエンジェルさん
写真提供 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
お笑い芸人 東京都出身のたかし(写真左)、神奈川県出身の斎藤司(写真右)からなる、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑い芸人。平成16年にコンビを結成。平成26年7月7日の沼津ラクーンよしもと劇場のオープンから平成26年12月にかけては、1か月16日43本を超える沼津劇場での出演のために沼津を訪れるとともに、ブログなどで情報を発信している。 最高峰の漫才賞レースである「THE MANZAI 2014」において準優勝を受賞、「M‐1グランプリ2015」で見事優勝の栄冠に輝いた。
シャ乱Q まことさんと富永美樹さんの写真
シャ乱Q まことさん(右)
富永美樹さん(左)
写真提供 Stardust Promotion.inc
ミュージシャン(右)
フリーアナウンサー(左)
大阪府出身のシャ乱Qまこと(写真右)、千葉県出身の富永美樹(写真左)の夫婦。夫のまことは「シャ乱Q」のドラマーとして平成4年にデビューし、数々のヒット曲を世に送り出すとともに、作詞家としても多くの作品をアーティストに提供。現在は、バラエティー番組等にも出演している。 妻の美樹は平成6年にフジテレビに入社し、「笑っていいとも」、「めざましテレビ」などに出演。テレビ番組での共演がきっかけで夫まことと出逢い、平成10年に結婚し、同社を退社。現在はフリーアナウンサーとして多くのテレビ番組等に出演している。そんな夫婦の趣味はアウトドア。
平成27年10月から平成27年12月までの3か月間はテレビ番組の企画で沼津市戸田地域に夫婦で移住。様々な情報発信に寄与され、番組終了後も戸田の家を借り続けることを発表された。

第23期(平成25年度~平成26年度)

燦々ぬまづ大使一覧
名前 肩書 プロフィール
YANAGIMANさんの写真
YANAGIMANさん
音楽プロデューサー 鹿児島県出身。ボストンへ留学。帰国後は音楽活動の拠点として福岡へ。サザンオールスターズのメンバーでもある「関口和之」をはじめ、「倖田來未」、「中島美嘉」、「BoA」、「平原綾香」などのほか、海外の歌手への楽曲提供や楽曲編曲を手掛け、様々な音楽賞を受賞する。 手掛けた作品の出荷枚数は2000万枚以上。平成25年2月にCDデビューした静岡県東部発のアイドルユニット「オレンジポート&アーツ」をプロデュースした。
浅羽英男さんの写真
浅羽英男さん
建築史家 静岡県磐田市出身。昭和37年に旧建設省(中部地方建設局)に入省し、昭和60年、宮内庁管理部工務課へ出向。平成18年、宮内庁管理部工務課総括補佐を経て専門職で退職。建築史家として皇室建築の修復・復元の実務を通して、皇室建築史を研究。
過去に沼津御用邸記念公園の施設案内説明資料の作成を手掛けたほか、平成25年1月、宮中行事の講書始に倣い開催した講話始で、沼津御用邸記念公園の建築物について、建築技法や皇室文化との関わり、歴史的位置づけなどの説明を行う講師を務めた。
ニコラ フォルミケッティさんの写真
ニコラ フォルミケッティさん
スタイリスト兼
ファッションエディター
沼津市出身。小学校卒業(第五小)まで沼津で過ごす。レディー・ガガのファッション・ディレクターを務めるなど世界の舞台で活躍。ニューヨークを拠点に活動する現在は、クリエイティブディレクターを担当するユニクロの打ち合わせや、雑誌「VOGUE HOMMES JAPAN」の撮影などのために月に1回は来日し、沼津市にも頻繁に訪れている。 平成24年8月には、建築デザインを監修したイタリアンレストランウェディング「VILLA EFFE(ヴィラエッフェ)」が千本にオープンした。

第22期(平成24年度~平成25年度)

燦々ぬまづ大使一覧
名前 肩書 プロフィール
タモリさんの写真
タモリさん
タレント 福岡県出身。タレント、司会、ラジオパーソナリティーなど幅広く活動し、人気を博している。本市のマリーナにクルーザーを所有するタモリ氏が「ヨットレースで地域を盛り上げよう!」という地元の声に賛同し、自ら『海を愛するタモリの日本一楽しいヨットレース タモリカップ』を企画し、名誉会長を務めている。 年々参加艇が増えているこのヨットレースは、今年で第4回目を迎える。
第1期(任期:平成3年度~平成4年度)燦々ぬまづ大使を務めた。
小野伸二さんの写真
小野伸二さん
プロサッカー選手 沼津市出身。13歳でU-16日本代表への初選出以来、常に各年代の代表チームの中心選手として活躍。1998年浦和レッズに加入しプロ1年目のシーズンでJリーグ新人王とベストイレブンを受賞。
以後、Jリーグはもちろん、ワールドカップ日本代表、フェイエノールトやボーフムなど世界の舞台でも活躍し、2010年清水エスパルスに移籍。観る者を魅了する卓越したテクニックとリーダーシップでチームを引っ張る。
第20期(任期:平成22年度~平成23年度)燦々ぬまづ大使を務めた。
勅使河原茜さんの写真
勅使河原茜さん
いけばな草月流家元 東京都出身。叔母の第二代家元・勅使河原霞の指導を受けて育ち、2001年に第四代家元となる。いけばなが創り上げられる様子を音楽や照明等と共に演出する「いけばなLIVE」の上演や、アーティストとのコラボレーションなど、新たないけばなを追求している。 沼津御用邸記念公園で開催している「Japan Art Festival」では舞台アートを手掛けるとともに、家元継承10年となる2011年には、片岡鶴太郎氏とのトークショーや花展を開催した。
第13期(任期:平成15年度~平成16年度)燦々ぬまづ大使を務めた。

第21期(平成23年度~平成24年度)

燦々ぬまづ大使一覧
名前 肩書 プロフィール
鮫島秀樹さんの写真
鮫島秀樹さん
ミュージシャン 大阪府出身。1977年、世良公則&ツイストのベーシストとしてプロデビュー。1981年のツイスト解散後、1984年ハウンドドッグにサポートとしてツアーに参加する。その後メンバーチェンジにより正式メンバーとなる。 現在はThe Sonsをはじめ若いアーティストのプロデュースや数々のセッション、自身のラジオ番組「Same’s Bar」など精力的に活動範囲を広げており、「Japan Art Festival in沼津」や「ぬまづサマーガーデン」にも出演。
※第19期より留任

はたけやま裕さんの写真
はたけやま裕さん
パーカッショニスト 埼玉県出身。国立音楽大学打楽器科の卒業年に日本打楽器協会新人演奏会で最優秀賞受賞し、プロフェッショナル活動へ。クラシックにとどまらず、民族音楽などあらゆる音楽ジャンルとの共演はもちろん狂言や舞踊などとの音楽の域を超えたコラボレーションにも参加し、パーカッションの可能性を広げている。 最近では井上陽水氏のツアーにも帯同している。「Japan Art Festival in沼津」や「ぬまづサマーガーデン」にも出演。

高木りなさんの写真
高木りなさん
女優 沼津市出身。10代でモデルとしてデビュー。1999年、フジテレビドラマ「パーフェクトラブ!」、行定勲監督作品「GO」など、映画や演劇、テレビドラマ、コマーシャルに多数出演。現在は、活動の拠点を韓国に移し、韓国ドラマ「テロワール」への出演やJFN系列でK-POPを紹介するラジオ番組「K-POP TRAIN」で週1回DJを務めている。

中山讓さんの写真
中山讓さん
シンガーソングライター 三島市出身。1982年から小学校教員として勤務。その後、「つながりあそび・うた研究所」に転職。教員時代から子ども達の感性豊かな思いに刺激され、数多くの音楽作品を創ってきた。市内の小学校はもとより、全国各地でコンサート活動を展開中。SBSラジオでは「ユズリンの音楽日記」を毎週放送している。

三國連太郎さんの写真
三國連太郎さん
俳優 群馬県出身。1951年、松竹映画の「善魔」三國連太郎役でデビュー。役の名前をそのまま芸名にする。以降様々な映画に出演し、「釣りバカ日誌」シリーズでは、「スーさん」役としておなじみ。1993年には勲四等旭日章を受賞。

このページに関するお問い合わせ先

産業振興部観光戦略課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4747
ファクス:055-933-1412
メールアドレス:kanko@city.numazu.lg.jp

Copyright ® Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る