ここから本文です。

静岡県が足柄県・浜松県と合併

2018年4月1日更新

明治2年(1869年)に版籍奉還が実施された。沼津の属する府中藩でも、藩主徳川家達が、新政府の方針に従って、形の上で土地・人民を朝廷に返した。しかし、家達がそのまま藩知事に任命されたので、実質的な封建制度の廃止とはならなかった。そのため政府は、明治4年(1871年)、廃藩置県をおこなった。徳川家達は、東京へ帰京を命じられ、駿河国は静岡県となり、新しい「県」の指導者には、中央から「県令」が任命された。こうして、封建制度はくずされ、中央集権国家がしだいにできあがっていった。その後、明治9年(1876年)に、足柄県・浜松県を合併して現在の静岡県となった。県内は、大区・小区に分けられ、沼津付近は、表のように第一大区となった。

静岡県の変遷

静岡県の変遷

出典「静岡県史 通史編5 近現代一」

静岡県行政区分(1872年)

静岡県行政区分一覧
名称 区域 区役所所在地
第一大区 駿東郡 沼津宿
第二大区 富士郡 吉原宿
第三大区 庵原郡 興津宿
第四大区 有度郡 静岡札ノ辻
第五大区 安倍郡 静岡安西
第六大区 志太郡  
第七大区 溢津郡 田中追手町

明治12年(1879年)、大小区制を廃止し、郡町村制に改められ、駿東郡役所が沼津町におかれた。翌年、町村会が設けられた。

明治22年(1889年)、大日本帝国憲法の発布にともない実施された市町村制度によって、現沼津地域には、下の図のような町村が生まれ、以後、大正12年(1923年)に沼津市になるまでこの状態が続いていった。

明治22年(1889年)、大日本帝国憲法の発布にともない実施された市町村制度によって、現沼津地域に生まれた町村。浮島村、原町、愛鷹村、金岡村、片浜村、大岡村、沼津町、楊原村、大平村、静浦村、内浦村、西浦村。

現沼津地域における町村

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会事務局文化振興課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4812
ファクス:055-931-8977
メールアドレス:cul-sinkou@city.numazu.lg.jp

Copyright ® Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る