ここから本文です。

観海学人(かんかいがくじん)文学碑

2007年7月1日更新

観海学人こと池谷(いけたに)観海は、文久3年(1863)田中藩士池谷歌治の長男として生まれ、名は盈進(えいしん)、通称鉱太郎、号を観海といい、18歳で小学校の教諭、明治35年(1902)40歳の時、沼津中学(現沼津東高校)に招かれて漢学を教え、在職20余年、昭和15年(1940)78歳で亡くなった。

観海は早くから中央詩壇に雄飛し、徳富蘇峰ら当代一流の人たちと交流があり、乗運寺の牧水の墓の隣には、蘇峰筆による『観海先生留魂碑』がある。

この碑は、亡くなった年(紀元2600年)に沼津中学同窓会有志によって建てられた。

  • 観海学人文学碑

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会事務局文化振興課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4812
ファクス:055-931-8977
メールアドレス:cul-sinkou@city.numazu.lg.jp

Copyright ® Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る