ここから本文です。

狂犬病予防注射

2020年4月1日更新

窓口
沼津市内開業獣医師
概要
生後3か月以上の犬は、毎年1回の狂犬病予防注射を受けなければなりません。狂犬病は、犬ばかりでなく人や家畜にも伝染する治療法のない病気です。愛犬が不慮の死を遂げないため、また、人間が狂犬病にかからないため、毎年開業獣医師(動物病院)で必ず接種して下さい。
また、沼津市では、毎年4月に各地区を巡回する「集合注射」を実施しています。集合注射の日時・場所等については飼い主に通知すると共に広報ぬまづでお知らせします。
必要なもの
愛犬手帳、愛犬カード、登録鑑札等、登録の確認ができるもの
その他
沼津市外の開業獣医師で注射を受けた場合、狂犬病予防注射済証明書と登録の確認ができるものを持って生活環境部環境政策課またはクリーンセンター管理課(沼津市役所7階)で狂犬病予防注射済票の交付を受けて下さい。(交付手数料 550円)
費用等
狂犬病予防注射済票交付手数料 550円+注射料金
お問い合わせ
関連項目
 

このページに関するお問い合わせ先

生活環境部環境政策課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4740
ファクス:055-934-3045
メールアドレス:kankyo@city.numazu.lg.jp

Copyright © Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る