ここから本文です。

マイナンバーカード(個人番号カード)を申請しましょう

2021年4月1日更新

マイナンバーカード(個人番号カード)とは

プラスチック製のICチップ付きカードで表面に氏名、住所、生年月日、性別、本人の顔写真、裏面にマイナンバー(個人番号)が表記されています。有効期限は発行日から申請者の10回目の誕生日(20歳未満の場合は5回目の誕生日)までで、外国人の方は在留期間などによって異なります。また、電子証明書が標準的に実装されています。

個人番号カード(表)と(裏)

個人番号カード

マイナンバーカード(個人番号カード)でできること

マイナンバー(個人番号)を証明する書類

マイナンバー(個人番号)の提示が必要な様々な場面で、マイナンバー(個人番号)を証明する書類として利用できます。

本人確認の際の公的な身分証明書

公的な本人確認書類として利用できます。また、本人確認と個人番号の提示が同時に必要な場面では、これ1枚で済む唯一のカードです。

コンビニ交付サービス

住民票の写しや印鑑登録証明書、戸籍証明書が、全国のマルチコピー機を設置したコンビニエンスストアで取得できます。

マイナポータル

政府が運営するオンラインサービスです。ログインすることで、行政機関等が保有するあなたの特定個人情報が確認できるなどのサービスが受けられます。

公的個人認証サービス(電子証明書)

電子証明書は以下の二種類で、有効期間は発行から申請者の5回目の誕生日までです。

署名用の電子証明書

インターネット等で電子文書を作成・送信する際に利用します。
電子申請(e-Tax等)や民間オンライン取引(オンラインバンキング等)の登録など「作成・送信した電子文書が、あなたが作成した真正なものであり、あなたが送信したものであること」を証明することができます。

利用者証明用の電子証明書

インターネットサイトやキオスク端末等にログイン等をする際に利用します。
行政のサイト(マイナポータル等)や民間のサイト(オンラインバンキング等)へのログインの際に「ログイン等した者が、あなたであること」を証明することができます。

申請方法

通知カードに同封された「個人番号カード交付申請書」部分を切り取り、必要事項を記入し、顔写真を貼りつけ同封の返信用封筒に入れて送ってください。

  • ※同封されている封筒は世帯ごとに1通です。
通知カードに同封された個人番号カード交付申請書(表)と(裏)

通知カードに同封された個人番号カード交付申請書

  • ※氏名や住所に誤り、変更があった場合はこの申請書は使用できません。
    下記の申請書(手書き用)をご利用ください。
  • ※通知カードに同封されている封筒の差出有効期間は「平成29年10月4日まで」となっていますが、「令和4年5月31日まで」切手を貼らずにそのまま使用できます。
  • ※送付用封筒を追加で必要な方は、下記「申請書送付用封筒の作成について」をご利用ください。

【あて先】
〒219-8650
日本郵便株式会社 川崎東郵便局 郵便私書箱第2号
地方公共団体情報システム機構
個人番号カード交付申請書受付センター あて

その他、パソコンやスマートフォンからの申請も可能です。

パソコンやスマートフォンがない人には、窓口で写真を撮影し、マイナンバーカードの申請をお手伝いしています。希望される方は、交付申請書と下記本人確認書類をお持ちの上、市民課へお越しください。

  • ※現在、週明けや午前中などは来庁者が多数お越しになるため、窓口が大変混雑しております。長時間お待ちいただく場合もございますのでご了承ください。また、当面の間、三密回避のため、マイナンバーカード用の写真撮影の補助については、ご遠慮いただく場合もございます。ご理解とご協力をお願いいたします。

交付方法

マイナンバーカード(個人番号カード)は即日での交付はできません。※申請をしてから2ヶ月程お待ちいただいております。
申請された方には、住民票の住所に交付通知書(はがき)が郵送されます。交付通知書にはカード受領時に必要な持ち物と、交付場所(お住まいの地区ごとにお近くの市民窓口事務所又は市役所)、受け取り期限が記載されています。交付時、窓口では本人確認の上、暗証番号を設定していただき、お渡しとなります。
マイナンバーを証明する等大切なカードですので、その受け取りは、必要書類をはじめ厳格な手続となります。ご理解・ご協力のほど、お願いいたします。

【カード受領時の持ちもの】

  • 郵送された交付通知書(はがき)
  • 通知カード
  • 本人確認書類(下記の本人確認書類一覧を参照)
  • 住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
  • マイナンバーカード(お持ちの方のみ)
本人確認書類一覧(A欄の書類を1点、お持ちでない場合はB欄の書類を2点)
A 写真付住民基本台帳カード、マイナンバーカード(個人番号カード)、運転免許証、運転経歴証明書(平成24年4月1日以降発行のものに限る)、旅券、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳(写真付のものに限る)、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書、一時庇護許可書、仮滞在許可書。
B 健康保険証、介護保険証、医療受給者証、年金手帳、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書、生活保護受給者証、海技免状、電気工事士免状、無線従事者免許証、動力車操縦者運転免許証、運行管理者技能検定合格証明書、猟銃・空気銃所持許可証、特殊電気工事資格者認定証、認定電気工事従事者認定証、耐空検査員の証、航空従事者技能証明証、宅地建物取引士証、船員手帳、戦傷病者手帳、教習資格認定証、検定合格証、官公署がその職員に対して発行した身分証明書。
  • ※有効期限のあるものは、有効期限の切れていないものに限る。

交付手数料

初回交付は無料ですが、再交付時はそれぞれ下記のとおりになります。

手数料
マイナンバーカード 初回は無料(再交付は800円)
電子証明書 初回は無料(再交付は200円)

マイナンバーカードを紛失した場合

マイナンバーカードを紛失した際は、カード運用状況を一時停止するために、マイナンバーコールセンター(0570-783-578)に連絡をしてください。
カードが見つからず、マイナンバーカードを廃止する場合は市役所又はお近くの市民窓口事務所にてマイナンバーカード廃止の手続きを行ってください。

マイナンバーカードの再交付

マイナンバーカードを紛失、焼失、汚損などで再交付を受けたい場合は、従前のマイナンバーカードを廃止していただき、再交付の申請が必要になります。なお、マイナンバーカードは即日での再交付はできません。

マイナンバーカード廃止の際に再交付の申請書をお渡しします。再交付希望の方は、申請書を記入し、再交付の手続きを行ってください。

マイナンバーカード再交付の際に必要なもの

  • 縦4.5センチ×横3.5センチの写真
  • 印鑑
  • 本人確認書類
  • ※なお、マイナンバーカード再交付の際には手数料がかかります。マイナンバーカードを交付する際に手数料を徴収します。
    マイナンバーカード 800円、電子証明書 200円

このページに関するお問い合わせ先

市民福祉部市民課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4721
ファクス:055-934-1672
メールアドレス:koseki-juki@city.numazu.lg.jp

Copyright © Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る