ここから本文です。

令和元年度芹沢光治良文学講演会の聴講者を募集します

2019年8月30日更新

沼津市芹沢光治良記念館にて開催中の企画展「光治良と川端康成展」(第1回)(期間:令和元年6月15日(土曜日)~令和元年11月30日(土曜日))に関連し、桜美林大学教授の勝呂奏さんを講師にお招きし、光治良と川端康成との関係について講演していただきます。
この講演会の聴講者を募集します。

芹沢光治良文学講演会昨年度の様子

昨年度の様子

名称
令和元年度芹沢光治良文学講演会
開催日時
令和元年11月2日(土曜日)13時30分開始(開場13時、終了予定16時頃)
会場
沼津市立図書館4階視聴覚ホール(外部リンク)
(沼津市三枚橋町9-1) 
内容
演題:「芹沢光治良と川端康成―それぞれの文学について」
講師:勝呂 奏(すぐろ すすむ)さん(桜美林大学リベラルアーツ学群教授)
定員
180名(先着順、定員になり次第〆切)
申込方法
令和元年9月10日(火)9時より電話または電子メールにて下記宛先まで
申込・問合先
沼津市芹沢光治良記念館(平日の月曜日、9月17日(火曜日)、9月24日(火曜日)、10月15日(火曜日)を除く9時~17時)
電話:055-932-0255
メールアドレス:kojiro@city.numazu.lg.jp
参加費
無料
主催
沼津市教育委員会
勝呂 奏(すぐろ すすむ)さん

講師紹介
勝呂 奏(すぐろ すすむ)さん

  • 1955年、静岡県生まれ。
  • 主に日本近代文学を研究、桜美林大学リベラルアーツ学群教授。
  • 平成21年(2009年)より沼津市芹沢光治良記念館助言者を務める。
  • 平成20年度(2008年)日本キリスト教文学会賞を受賞。
  • 平成25年度(2013年)静岡県文化奨励賞を受賞。
  • 主な著書に『評伝芹沢光治良―同伴する作家―』(2008年 翰林書房)、『評伝小川国夫―生きられる文士―』(2012年 勉誠出版)などがある。

このページに関するお問い合わせ先

沼津市芹沢光治良記念館

〒410-0823 沼津市我入道蔓陀ヶ原517-1
電話:055-932-0255
メールアドレス:kojiro@city.numazu.lg.jp

Copyright © Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る