ここから本文です。

医療費を節約しましょう

2020年4月1日更新

日ごろから適正受診やジェネリック医薬品の活用、自身の健康づくり等に心がけることにより、医療費の負担を減らすことができ、沼津市全体の医療費も抑えることができます。

かかりつけ医をもちましょう

職場や家の近くで、病気やケガをしたときに最初に相談できるかかりつけ医をもちましょう。大きな病院に比べて待ち時間が少なく、長く通うことで病歴や体質などに基づいた治療やアドバイスが受けられるほか、必要に応じて専門医や大きな病院に紹介状を書いてもらうことができます。

受診する時間に注意しましょう

夜間や休日などの診療時間外の受診は、医療費が割り増しになります。また、診療時間外は限られた検査や治療しか受けられず、診療時間内にあらためて受診が必要な場合もあります。急病などやむを得ない場合を除き、診療時間外の受診は控えましょう。

重複受診はやめましょう

同じ症状や病気で複数の医療機関を受診することはやめましょう。検査や薬が重複することで医療費が増えるだけではなく、体にも負担がかかってしまいます。現在受けている治療等に不安がある時は、医師に相談してみましょう。

かかりつけ薬剤師・薬局をもちましょう

かかりつけ薬剤師・薬局をもつことにより、同じ薬が処方されていないか、一緒に飲むことを避けたほうがよい薬がないか、副作用が出ていないか、期待される効果が出ているかなどを継続的に確認してもらうことができ、薬による治療がより有効で安全なものとなります。

お薬手帳を活用しましょう

お薬手帳は、処方された薬の名前や飲む量、回数などを記録するための手帳です。他の病院で薬が処方された時に、薬の重複や飲み合わせ等の確認をしてもらうことができるため、医療機関や薬局を利用する際は必ず持参してください。また、複数のお薬手帳を持っている場合は1冊にまとめましょう。

ジェネリック医薬品を利用しましょう

ジェネリック医薬品(後発医薬品)は新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に、新薬と同じ有効成分で製造され、効き目や安全性など国が新薬と同等と認めた薬です。新薬と比べて開発費が低く抑えられるため、新薬より価格が安く設定されます。

年に一度は健診を受けましょう

特定健診やがん検診は、生活習慣病やがんなどの重大な病気を早期発見・早期治療するためにとても重要です。病気を早く見つけることができれば、治療にかかる時間も短く、治療費も少なくて済みます。また、健診は健康に対する意識を高め、生活習慣を見直す良いきっかけとなります。定期的に健診を受けましょう。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Acrobat Reader

このページに関するお問い合わせ先

市民福祉部国民健康保険課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4725
メールアドレス:kokuho@city.numazu.lg.jp

Copyright © Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る