ここから本文です。

事業費の概要(全体事業費)

2019年2月4日更新

市では、事業の透明性をより一層高めるため、過去の事業費や市の負担のない事業も含めた沼津駅周辺総合整備事業の全体事業費を公表しています。
今回は、平成30年3月31日を基準として更新したものを公表します。

沼津駅周辺総合整備事業の概要

平成31年2月4日公表

鉄道高架事業

事業内容
都市交通の円滑化や南北市街地の一体化などを目的として、沼津駅付近のJR東海道本線を約3.7キロメートル、JR御殿場線を約1.6キロメートル高架化し、13箇所の踏切を除却します。
事業主体
全体事業費【A】
約787億円
平成29年までの事業費【B】
約33億円、うち市費 約8億円
平成30年以降の事業費
約754億円、うち市費 約164億円
平成29年末執行率
【B】/【A】×100
4.2%

鉄道高架関連事業

事業内容
鉄道高架事業に必要となる用地取得や緑地整備、駅周辺の幹線道路や鉄道と交差する道路・歩行者通路の整備等を行います。
事業主体
全体事業費【A】
約445億円
平成29年までの事業費【B】
約158億円、うち市費 約129億円
平成30年以降の事業費
約287億円、うち市費 約142億円
平成29年末執行率
【B】/【A】×100
35.5%

土地区画整理事業

事業内容
鉄道の高架化により発生する鉄道跡地を活用して道路、水路、公園等の公共施設の整備改善と宅地の利用増進を図ります。
事業主体
全体事業費【A】
約294億円
平成29年までの事業費【B】
約72億円、うち市費 約39億円
平成30年以降の事業費
約222億円、うち市費 約87億円
平成29年末執行率
【B】/【A】×100
24.5%

特定再開発事業

事業内容
沼津駅北地区において、土地区画整理事業による公共施設や居住環境の整備改善と、都市の魅力づくりの新たな核となる拠点施設の導入を目的とした都市機能更新事業を実施します。
事業主体
都市機構
全体事業費【A】
約157億円
平成29年までの事業費【B】
約157億円、うち市費 約30億円
平成29年末執行率
【B】/【A】×100
100.0%

市街地再開発事業

事業内容
中心市街地活性化のための核的施設「イーラde」の建設と、南口駅前広場の拡張整備を行いました。(平成20年3月完成)
事業主体
全体事業費【A】
約131億円
平成29年までの事業費【B】
約131億円、うち市費 約39億円
平成29年末執行率
【B】/【A】×100
100%

駅北拠点開発事業

事業内容
沼津駅北口の旧国鉄沼津機関区跡地を活用し、県東部において広域的な交流機能を高めるための中核的機能・施設として、会議場施設及び展示イベント施設を整備しました。
(県:平成26年7月完成、市:平成25年6月完成)
事業主体
県、市
全体事業費【A】
県:約86億円
市:約95億円
平成29年までの事業費【B】
県:約86億円
市:約95億円、うち市費 約76億円
平成29年末執行率
【B】/【A】×100
県:100.0%
市:100.0%

合計

全体事業費【A】
約1,995億円
平成29年までの事業費【B】
約732億円、うち市費 約320億円
平成30年以降の事業費
約1,264億円、うち市費 約394億円
平成29年末執行率
【B】/【A】×100
36.7%

  • ※平成29年度まで事業費は、平成30年3月31日を基準として算出している。
  • ※民間企業による事業費は計上していない。
  • ※各事業費は各々の事業主体の算出による。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Acrobat Reader

このページに関するお問い合わせ先

沼津駅周辺整備部推進課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4768
ファクス:055-934-2310
メールアドレス:suishin@city.numazu.lg.jp

Copyright ® Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る