ここから本文です。

働く職員の声 一般事務 小池ひろき

2018年6月1日更新

入庁2年目。緑地公園課に配属になる前は「花や緑は人並みに好きでしたけど、特別な思い入れがあったかと言われると。」と正直に話してくれた小池主事。一年とちょっと、沼津市の職員として奮闘した日々とこれからの目標を教えてもらいました。

小池ひろきの写真

入庁した年齢(28歳)は比較的ゆっくりめですが、なぜ沼津市職員になろうと思ったのですか?

学生時代は都内に出ていました。都内で仕事をした経験もありますが、いつかは地元に戻って仕事をしたいと常々思っていたこと、そして身近な人の暮らしを支えるような仕事がしたいと思っていたのが大きな理由です。

生まれも育ちも沼津ですし、市の職員になったとはいえ、私だって沼津市民ですから。自分の住む街、自分の親しい人が住む街のために働けるって幸せじゃん!と思いませんか?

小池ひろきの写真

ひとまず一年目を過ごしていかがですか?

職員になって知ったこと、自分でやってみて初めて知ったことがたくさんありました。目立たないけれど細かな配慮が行政の仕事なんだなって驚くとともに、その大切さと、自分がやるのであればもっともっと改善、効率化に挑戦していきたいと思うようになりました。

もちろんまだまだ勉強していかなければならないことはたくさんありますが、公園や緑化推進など志望動機のひとつであった「暮らしに密着した仕事」ができているので、充実した日々を送れているんじゃないかって思っています。

デスクワーク中の小池ひろきの写真

勉強していかなければならないことって?

入庁前はことさら花や緑が好きかと言われるとそうでもなく(苦笑)。市内の公園や花壇で花の世話をしてくださる自治会や地域ボランティアの皆さんのほうが詳しいなんてケースも珍しくないんですよ。花の苗や種を配布する事業では、皆さんから「ありがとう、大切に育てるよ」なんて言っていただくと、ものすごく嬉しいと同時に、もっともっと花や緑のことを勉強しなきゃ!って思うんです。

今では市の花である「はまゆう」を育てていますが、綺麗な白い花を咲かせる日が楽しみです。まずは枯らさないようにしないとですね(笑)。

はまゆうの世話をする小池ひろきの写真

今後やってみたいことなどはありますか?

春と秋に開催している「みどりまつり」をちょっとずつでもよくしていきたいですね。例えば盆栽や生け花というとご年配の方のイメージが強いですが、小さな子供やファミリーにも、もっとみどりまつりを楽しんでほしい。最近では休日になると他市町の緑化推進イベントに足を運んでみたり、イベントやテーマパークに行っても、どうやって来場者を楽しませているんだろうっていう視点でみるようになりました。

花壇で花の世話をする小池ひろきの写真

最後に、小池さんおすすめの公園を教えてください。

小さい頃から慣れ親しんだ大岡公園、そして香貫山の香陵台。最近では小さな子どもたちにとことん遊んでほしい片浜北公園などがおすすめです。私はみんなが笑顔で穏やかに暮らせることが一番だと思っています。公園や花、緑には暮らしを豊かにする可能性を持っているはずですので、これからも笑顔で職務に取り組んでいきたいです。

その他の働く職員の声

このページに関するお問い合わせ先

企画部人事課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4707
ファクス:055-934-5011
メールアドレス:jinji@city.numazu.lg.jp

Copyright © Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る